【じつは我慢してる】男子が本当は嫌がっている「年上女子がする言動」って?

【じつは我慢してる】男子が本当は嫌がっている「年上女子がする言動」って?

自分より年齢が下の男子をねらうなら、好かれるよりもまずは減点を避けるのが重要です。


年上女子に対して「なんでそんなこと言うの?」とモヤモヤしていることがあるようです。


そこで今回は、男子が本当は嫌がっている「年上女子がする言動」をご紹介します。



「若いと気楽でいいよね」


「年上の彼女に『あなたは若いし、気楽でいいよねえ』って言われると下に見られている気分になるかな。彼女が仕事のグチを言いまくっているのを『大変なんだろうし、たまには聞いてあげないと」と思って聞いてたのね。


そうしたら、さんざん話したあとに彼女が『でも、仕事の話なんてあなたにはわからないよね。まだ役職もついてないし、若いと気楽でいいよね』って言ったんです。グチで人の時間を無駄にするのも、勝手にわからないと決めつけてバカにしてくるのも、どっちも、何様?って感じです」(25歳男性/建築)


年下男子ならずとも、思わずイラっとしそうなケースかもしれません。


彼なりに、彼女の仕事の苦労を受け止めようとしているのに、年齢が下だというだけで「気楽でいいよね」と言うのは失礼でしょう。


そもそも、ただ相手のグチを聞いてくれるだけでも、相手を思っている証拠。彼のやさしさに甘えすぎないようにしたいものです。


「私もおばさんになるはずだよね」


「僕の誕生日は、彼女がいろいろプランを立ててくれて、プレゼントも僕の欲しいものをこっそり調べて、用意してくれました。当日の彼女はすごくキレイにして来てくれて、一緒に歩いていて嬉しかった。本当に、今日はいい日だなーとか思ってたんですよ。


ところが!夜は僕の家に泊まるってことで、部屋で2人で飲んでいたら「君ももう26歳か。私もおばさんになるはずだよね」と彼女が言いました。


なんだこのオバちゃん発言?と思って、すごく気分が萎えて、なんていうかキレイなお姉さんみたいな、彼女に対して持ってた夢も壊れた。その日は、家には泊めたものの何もせず寝ました」(26歳男性/金融)


年下男子に向かってつい自虐したくなる気持ちもわかります。


しかし、まるで親戚のおばさんのような話し方は、たとえジョークでも避けた方がいいでしょう。


ビックリして引かれないようにしたいものですね。


相手を「○○くん」と呼ぶ


年下の男子を「○○くん」と呼ぶ


「全然仲良くなってない段階で、年上の女性から苗字呼び捨てとか「くん」付けで呼ばれるのが嫌なんだけどそれは僕だけ?なんか小バカにされてる感じがあるし、こっちが年下だとわかると急になれなれしい態度になる女の人が多くてイヤです。


逆に、年上の女性が「さん」付けで呼んでくれると、「この人は立場によって態度を変えたりしなそう」と思って好感を持ちます。とにかく、年下の男になれなれしくしたり、横柄になる年上の女性が多いから、本当にイヤなんですよ」(27歳男性/不動産)


そんなことで?と思う方もいるかもしれません。


しかし、年上女子からの「くん付け」「さん付け」の差に敏感に反応する男子は少なくありません。


プライドの問題というよりは「年下だからと見くびった態度する女性がイヤ」なのだとか。


なれなれしい女子が苦手な年下男子には、「こう呼んで」とリクエストがあるまでは、「さん」をつけておくといいでしょう。


男子は意外と繊細なのかも


あからさまにひどい態度や、暴言ではないけれど、彼らが嫌がるポイントが見えてきたでしょうか。


なれなれしさ、決めつけ、自虐は年下男子との恋の敵です。


うっかり口にしないよう、気をつけてくださいね。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ