『スター・ウォーズ:ビジョンズ』ライトセーバーを持った浪人が主人公、神風動画の『The Duel』

『スター・ウォーズ:ビジョンズ』ライトセーバーを持った浪人が主人公、神風動画の『The Duel』

 日本を代表する7つのアニメスタジオが、「スター・ウォーズ」への愛と強い思いを持って制作したシリーズ『スター・ウォーズ:ビジョンズ』が9月22日午後4時より、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)で独占配信開始となる。全9作品のうち、「神風動画」が制作の“旅を続ける浪人の男とドロイド”を描く『The Duel』のあらすじと、ライトセーバーを持った浪人というキャッチーなビジュアルを含む場面写真が解禁となった。主人公ローニンを演じた声優・てらそままさきのコメントも届いている。



【動画】『スター・ウォーズ:ビジョンズ』予告編



■『The Duel』あらすじ



 旅を続ける浪人の男とドロイド。その日、2人が立ち寄った村は長い間、日々、野盗集団による過酷な暴力の犠牲となっていただが、村人達は意を決し少しずつ集めた金で雇った用心棒達と行動を起こす。野盗集団と用心棒たちの戦い。当初は優勢にみえた用心棒達だったが、現れた野盗の女ボスによって形勢は逆転する…。番傘型の赤いセーバーを携えた彼女はシスだったのだ。一部始終を見ていた浪人は真っ直ぐシスの元へと向かっていく。



■日本文化と「スター・ウォーズ」らしさを見事に融合



 全体的に黒が使われた本作は、まさに「スター・ウォーズ」に影響を与えた黒澤明監督の作品を思わせる雰囲気が漂っている。ジョージ・ルーカスが日本の兜(かぶと)や刀、着物などから影響を受けて制作された「スター・ウォーズ」だが、神風動画の水崎淳平総監督(※崎はたつさき)は本作で日本文化と「スター・ウォーズ」らしさを見事に融合させた。



 水崎淳平総監督は、テレビアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』のオープニングやテレビアニメ『ポプテピピック』、劇場版アニメーション作品『ニンジャバットマン』などを手掛け、日本のアニメーション業界の第一線で活躍。本作ではキャラクターデザインを『ニンジャバットマン』でもタッグを組んだ岡崎能士が作り上げ、そのキャラクタービジュアルに合わせて作品を制作していった。



 水崎総監督は「キャラクターデザイナーの岡崎さんがとにかく『スター・ウォーズ』フリークなので、自分から何かリクエストするよりも岡崎さんの頭からあふれてきたものにストーリーや世界観を補足していく役割を担うことにしました。『スター・ウォーズ』の大ファンである岡崎さんの想像を邪魔しないことが、そのままファンへの魅力に直結すると思い取り組みました」と、制作の裏側を明かしている。



 その水崎総監督も「スター・ウォーズ」との出会いは小学生の頃に見た『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』。それから「スター・ウォーズ」の虜になり、とくに『スター・ウォーズエピソード1/ファントム・メナス』と『スター・ウォーズエピソード3/シスの復讐』が大好きだそう。本作にも同作のシーンをオマージュとして取り入れるほど、「スター・ウォーズ」愛を本作に詰め込んだ。



 水崎総監督は「スター・ウォーズ」シリーズから影響を受けた部分について、「実際に取り入れた例をあげるとすると、スカイウォーカーサウンドとの音響作業で、『ファントム・メナス』のダース・モールとクワイ=ガン・ジンとの戦いの効果音を一部そのまま使わせていただいた部分があります。ぜひ探してみてください」と、教えてくれた。



■ローニン役てらそままさき「日本語の言葉の味わいを感じて」



 主人公ローニンを演じた声優てらそままさきは「映画ファンなら誰しもが知っている『スター・ウォーズ』という名を冠する作品に参加できることに喜びを覚えました。大変光栄なことだと思います」と声優を務めることへの喜びを語っている。



 さらに本作で演じたローニンについては「黒澤映画『用心棒』の三船敏郎氏(浪人の桑畑三十郎役)でしょうか」と、黒澤映画を例に挙げる。最後に「余計なものを削ぎ落とした日本語の言葉の味わいを感じていただければ幸いです」と、ファンに向けてメッセージを寄せた。
カテゴリ