もっと頼られたい!彼に喜ばれるお願いテクニック3選

もっと頼られたい!彼に喜ばれるお願いテクニック3選

彼とはなんでも言い合えるけど、改めてお願いをしようとすると気が引けてしまう……。


照れくさかったり、断られたらどうしようと不安になったりしてしまいますよね。


毎回お願いすると嫌われてしまうかもしれませんが、たまには彼にお願いしたいでしょう。


そこで今回は、彼に喜ばれるお願いテクニックを3つご紹介します。




得意なことを教えてもらう


仕事ではパソコンを使うけど、難しいことはさっぱり分からない。


家電だって、じつは取説読んでもよく分からない。


流行りのキャンピングをしたいけれど、アウトドアは不慣れ……などなど、やりたいことで彼が得意としている分野があれば、どんどん彼に聞いてしまいましょう。


「○○くんならこういうの得意だから、教えてもらえないかな?」とかわいくお願いして、やってくれたら「すごーい!さすが!」と褒めちぎることもお忘れなく。


誰かの役に立つことは嬉しいものですが、それが恋人からのお願いなら張り切ってもっと頑張ろうと思ってくれること間違いなしです。


困ったときに頼る


たとえば、困っているときや具合が悪いとき、彼の手を煩わせまい、心配させまいとして我慢してませんか?


そんなときこそ、彼に頼るべきです。


「じつは、熱が出ちゃったんだよね……」「○○くんしか頼れる人いなくって」なんてお願いされて、断る男性はいません。


彼女のピンチに頼りにされていると分かると、俄然やる気がアップします。これを面倒くさがるようなら、恋人失格です!



叶えやすいお願いをする


しょっちゅうでは効果が薄まってしまうけれど、たまにならアリでしょう。


大きな負担にならない程度のちょっとしたおねだりは、かわいい甘えとして快く受け入れてもらえますよ。


たとえば、記念日などに高級レストランに連れて行ってもらったり、出張で地方へ行く彼にご当地ものをおねだりしてみるのも良いかもしれません。


男性は、彼女を喜ばせたいと頑張る生き物です。かわいくおねだりしてみましょう。もちろん必ず「ありがとう」は伝えてくださいね。


彼女からのかわいいお願いなら大歓迎!


恋人同士のお願いは、限度を超えると面倒くさがられたり、ワガママ扱いされたりします。


上から目線のお願いは絶対にダメだし、頻繁なお願い攻撃もNGです。


でも、「俺って彼女にとって必要な存在なんだな」と感じられるようなお願いは、おねだりやワガママとは別もの。


頼られたら男性の多くはとても嬉しくなります。その嬉しい気持ちが、彼の原動力となるのですね。


時には彼にかわいらしくお願いしてみてください。


感謝の気持ちも相まって、付き合い始めたころのようなトキメキまでも戻ってくる嬉しい特典があるかもしれません。


(森山まなみ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ