「富山柿山」が季節限定の手土産アソートボックス「秋色づくし」を販売

「富山柿山」が季節限定の手土産アソートボックス「秋色づくし」を販売


創業97年の老舗米菓メーカー・日の出屋製菓産業が販売する菓子専門店ブランド「富山柿山」は、9月より季節限定の手土産アソートボックス「秋色づくし」を販売する。

全国に2,000店以上の売り場がある「富山柿山」



「富山柿山」は、日の出屋製菓産業が全国の銘店・小売店に向けて展開する菓子専門店ブランド。

豊かな海が育んだ富山湾の宝石しろえびと富山県産米100%を使って香ばしく焼き上げた「しろえび紀行」や、ひとつひとつ吟味された素材の個性が光る七つのあられ・おせんべいを一つの袋につめた「歌づくし」など、ビジネスやお祝いなどの様々な挨拶ギフトに利用され、全国2,000店以上の売り場で販売されている。

人気の秋限定のアソートボックス



毎年人気の秋限定のアソートボックス「秋色づくし」は、2016年から発売を行い、昨年は9~10月の2か月間で約12,000箱販売した人気商品。秋は彼岸や十五夜だけでなく、運動会や文化祭、遠足やハロウィンなど外出が多いシーズン。家族での出かけるときのおやつや手土産として喜ばれる「富山柿山」の3種類のせんべい・あられを詰め合わせている。


今年は、定番商品の「しろえび紀行」「歌づくし」に加えて、甘く香ばしい香りの「塩キャラメルあられ」が登場。甘じょっぱい塩キャラメルのフレーバーで女性や子どもに人気の商品だ。

「秋色づくし」の包装は風呂敷仕立て



「秋色づくし」の内容は「しろえび紀行」2枚×6袋、「歌づくし」18g×2袋、「塩キャラメルあられ」18g×3袋で、価格は800円(税別)。秋の彼岸やカジュアルな手土産などでも使いやすい風呂敷仕立てになっている。

9月上旬より全国の銘店・ギフトコーナーにて順次発売。販売数量は約20,000個の予定で、なくなり次第終了となる。

自宅用にも贈り物にもよい「秋色づくし」をチェックしてみて。
カテゴリ