もう彼しか見えない…恋に盲目になりがちな女性の特徴3つ

もう彼しか見えない…恋に盲目になりがちな女性の特徴3つ

「もう彼以上に素敵な人なんて現れない!」と恋愛にのめり込んでしまう経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。


恥ずかしい過去なんて思う必要はないけど、あまりに生活の中心が恋愛だと、自分にとって「本当に大切なこと」を見逃してしまうかも。


そこで今回は、恋は盲目になりがちな女性の特徴と、その対処法をあわせてご紹介します。




自分に自信を持てない


恋して盲目になってしまう人は、自分に自信があまりないタイプが多いです。


すぐに「私なんか……」などと否定的になりがちな女性は、相手の些細な一言やSNSのやり取りだけで気持ちは急上昇! 


そしてまた、急降下!ちょっとしたことで「彼を失ってしまうかも……」と情緒不安定になります。


気持ちを一喜一憂させるごとに相手へのめり込んでいき、盲目状態へと陥ってしまうのです。


ダメ男に引っかかってしまって二股をかけられたり、いいように遊ばれたりしていても、自分に自信がないから自分のせいにしてしまいます。


それどころか、別れずに付き合ってくれる彼をますます好きになって、彼しか見えなくなっていくことも……。


どれだけダメ自分の価値を見出せなくても、自分で自分を大切にしない理由にはなりません。


友人と会って現在の恋愛について話しましょう。


冷静な第三者の目線や意見は、当人では気づかないことを気付かせてくれるはずです。


恋愛至上主義


なによりも好きな人が大事でいつも彼のことが頭から離れず、目の前のやるべきことも見えなくなってしまっているタイプは恋愛至上主義と言えるでしょう。


仕事も手につかずミスをしたり、彼を優先して友達との約束もドタキャン連発なんてこともしょっちゅうかもしれません。


また、恋愛体質な女性のなかには「恋愛のクオリティなんてどうでも良いから、とにかく誰かと恋愛をしていないと落ちつかない……」と言う人も。


一日中、一年中恋愛だけが全てになっていて、クリスマスやバースデイ、付き合った記念日などのイベント時はとくに盲目状態になりがちです。


自分が恋愛体質だと確信していたり、周りからそう言われたりしたことがあるなら要注意です。


とにかく恋愛だけにのめりこまないように、他に没頭できる趣味などを見つけたいですね。



恋愛経験があまりない


勉強や仕事などに真面目に取り組んできた女性は、恋愛の優先順位が低かった傾向にあるので、恋愛経験が乏しいことが多いようです。


恋愛に慣れていない女性がひとたび相手を好きになると彼に一直線になって、その人しか見えなくなり、盲目状態に陥る場合は多々あります。


しかも、タチの悪い男やダメ男を見抜けないことも……。


この手の女性は、恋愛のマニュアル本や、雑誌等の情報に頼りがち。


でも、それでは実際の恋愛に対処できません。恋愛は頭でするものではありませんよね。これが正解という明確な答えもないでしょう。


たまには仕事や勉強以外の遊びにも、思い切り時間を割いてみることが大事です。


飲み会や女子会のお誘いに乗ってみることも良いかもしれませんよ。


自分を客観視することも必要


恋愛は人としての成長にもつながるでしょう。


でも恋の盲目状態が続けば、脳が麻痺状態になり冷静さを欠きます。


もう二度と出会えない特別な人と思いこんだりして、相手の本当の姿を見つめることができません。


知らず知らずのうちに大切なものを失ってしまうこともあります。


対策としては、自分の世界をまずは楽しむことです。


朝早く起きて恋人以外の趣味を持ち、感情が高ぶるときは日記を簡単につけてみましょう。


後から読むと、自分を客観的見つめることができ、冷静になれるのでオススメですよ。


対策をしつつ、より素敵な相手に出会うための経験として、恋は盲目を楽しんでみる余裕を持ってください。


今までより楽しい恋がきっとできるはずです。


(森山まなみ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ