映画『MINAMATA』浅野忠信、苦悩する患者の父親役でジョニー・デップと共演

映画『MINAMATA』浅野忠信、苦悩する患者の父親役でジョニー・デップと共演

 ジョニー・デップが製作/主演を務める映画『MINAMATA―ミナマタ―』(9月23日公開)に、ハリウッド超大作(『マイティ・ソー 』)から朝ドラ(『おかえりモネ』)まで幅広く活躍する俳優・浅野忠信が出演。ジョニー・デップと初共演したシーンの本編映像が一部WEBで解禁された。



【動画】映画『MINAMATA』浅野忠信の出演シーン



 日本における“四大公害病”のひとつで、熊本県水俣市のチッソ水俣工場の廃水を原因とし、現在まで補償や救済をめぐる問題が続く水俣病。その悲劇を世界に知らしめる写真集を発表したのが、報道写真家ユージン・スミスだ。水俣病を取材するため1971年に来日し、3年間現地で暮らし、人々の日常や抗議運動、補償を求め活動する様子を何百枚もの写真に収めていった。



 かねてからユージン氏に憧れを抱いていたジョニー・デップは、1975年に出版された写真集「MINAMATA」をもとに、「MINAMATAの物語を正しく伝えたい」と、自ら製作/主演で映画化。MINAMATAにスポットライトを当てることで、各国で起きている環境被害に苦しむ人々の存在も照らし出そうとした。



 そんな本作で浅野が演じたのは、水俣病を患い目が見えず、話せない娘アキコの父、マツムラタツオ。解禁された本編映像は、水俣に到着したユージン・スミス(ジョニー・デップ)とアイリーン(美波)を家へ迎えいれたその夜、タツオと妻マサコ(岩瀬晶子)が言いよどみながらも心情を吐露する場面。



 大きな苦難を背負って生まれてきた長女アキコを思えばやりきれない気持ちだが、生活のため憎むべき原因企業のチッソで働き続けなければならないことに苦悩する父親を浅野が熱演している。

カテゴリ