仙台の「HM’s」がネパール産ヒマラヤンコーヒーの定期便をスタート

仙台の「HM’s」がネパール産ヒマラヤンコーヒーの定期便をスタート


昨年、仙台市青葉区一番町にオープンした、ネパール産ヒマラヤンコーヒーを取り扱うアンテナショップ「HM’s(ヒマラヤンズ)」が、“コーヒーの定期便”のオンライン販売をスタート。9月30日(木)までに申し込むと、全国どこでも、定期便にかかる送料が永久に無料になる。

全6種類のヒマラヤンコーヒーから選べる


同店の“コーヒーの定期便”は、選んだ商品が2週間に一度自宅に届くというもので、9月1日(水)よりサービスをスタート。商品は全6種類で、焙煎豆のまま、中挽で粉にしたもの、ドリップバッグセットから選ぶことができる。また、ポストへの投函が可能なため、受け取る手間がないという。

“コーヒーの定期便”は、「HM’s」公式オンラインストアから申し込める。

高スコア88.75点を授与されたコーヒー



ヒマラヤンコーヒーは、コーヒーの品質鑑定者(Q-Graders)たちが集うSCAA(米国スペシャルティコーヒー協会)で、88.75点という高いスコアを授与され「スペシャルティコーヒー」という評価を受けた。

スコア88.75点は大変高く、同年のコスタリカのエル・セドラル農園“ゲイシャ”88.71点、グアテマラのエル・ソコロ農園“パカマラ”88.5点と同等のクオリティ。甘みの中に漂う香ばしさ、ミントの風味とともに現れるナッツ感、穏やかな酸味、歯切れの良さと滑らかさが特徴だ。

高級紅茶の取り扱いもスタート


また、「HM’s」では、コーヒーのほか紅茶やピーナッツバターなど、ヒマラヤの麓で採れた様々な恵みを販売している。


今回、新商品として、30グラムで2,500円の高級紅茶である「シルバーニードル」と、


「ゴールデンニードル」の取り扱いをスタート。特にシルバーニードルは、中国で白茶と呼ばれ、大変貴重な茶として扱われてきたもの。特別な条件下で新芽を中心に摘み取った雑味のないクリアで華やかな香りを楽しめる。

なお、「シルバーニードル」と「ゴールデンニードル」は、10月より「HM’s」店頭とオンラインストアにて、数量限定での発売となる。販売時期の詳細は、「HM’s」公式インスタグラムで告知するという。

ヒマラヤンコーヒーが気になる人は、送料がずっと無料になる9月中に“コーヒーの定期便”を申し込んでみては。

■HM‘s
住所:宮城県仙台市青葉区一番町4-2-10仙台東映プラザビル1F

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。

カテゴリ