セカンド卒業!本命の彼女に昇格するテクニックとは

セカンド卒業!本命の彼女に昇格するテクニックとは

好きな人のセカンドって、辛いですよね。


いくら好きだからとはいえ、都合の良いように扱われていると、どんどん傷ついてしまいます。


今回は、セカンドから本命の彼女に昇格するテクニックをご紹介します。



存在の大きさに気づいてもらう


まずはあなたが必要不可欠だと彼に気付かせましょう!


なにがなんでも彼のことを優先させるのです。


チャンスは、彼が病気のとき。彼を献身的に看病してください。


彼が弱っているときに、できるだけ協力することで、彼はあなたの存在の大きさに気がつくでしょう。


悩みの相談なども大チャンスです。彼の話をとことん聞いて、励ましてあげてください。


多くの場合、男性は単純なものです。弱っているときに尽くしてくれる女性のことが大切になってしまうことでしょう。


とことん彼に尽くす


セカンドは基本的に彼から便利な女だと思われている場合があります。そこを逆手にとりましょう!


便利で都合の良い女に嫌気がさしているかもしれませんが、そこは一旦は封印してください。


彼のためにとことん尽くすのです。


たとえば、彼の家の掃除や洗濯、お料理に至るまで、女性らしさをアピールしてみてください。


ひたすら、彼に尽くす姿勢を崩さないことが一つ目のテクニックです。


そうすることで、ひとまず彼をつなぎとめておくことができるでしょう。


彼に追いかけさせる


彼があなたの存在の大きさに気がついたなら、仕上げは小悪魔女子になるのです。


彼の方から、「君の方がいいな」などの言葉をかけてきたなら、あえて身を引いてみましょう。


彼に少し素っ気ない態度をとったり、他の男の影をちらつかせるのです。


彼はなにがなんでも、あなたのことを手に入れたいと願うことでしょう。


男性は、自分に都合の良い女性は手放したくはないもの。そうなった後は、あなたに主導権が移るのです。


「私が欲しいなら、他の関係を精算して」と涙ながらに訴えれば、彼があなただけのものになる日は近いかもしれません。


セカンドはこれで卒業!


セカンド体質の女性はそろそろセカンドから脱出して、彼女に昇格してみませんか?


彼に健気に尽くし、あなたの存在の大きさに気付いてもらいましょう!


仕上げは彼の方から追いかけさせるのです。


これまで流した涙の分まで彼を夢中にさせてみたいものですね!


(羽風天使/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ