木村昴×月蝕會議、音楽ユニット“NINJAKAIGI”結成 『G.I.ジョー』プロモソング発表

木村昴×月蝕會議、音楽ユニット“NINJAKAIGI”結成 『G.I.ジョー』プロモソング発表

 「ヒプマイ」をはじめとする人気作品に出演する声優・木村昴と、数多くのアーティスト・アニメ作品等への楽曲提供実績を誇る音楽クリエイターギルド・月蝕會議が、映画『G.I.ジョー:漆黒のスネーク・アイズ』(10月22日公開)のために音楽ユニット“NINJAKAIGI”を結成。プロモーションテーマソング「STEALTH DIVE」を発表した。同曲は各種音楽配信サービスで配信。



【動画】木村昴のコメント付きNINJAKAIGI「STEALTH DIVE」MV



 木村は、『ドラえもん』(ジャイアン/剛田武 役)で声優デビュー、『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』(山田一郎 役)、『呪術廻戦』(東堂葵 役)、その他数多くの作品で活躍し、ラップにも造詣が深いことで知られる。『G.I.ジョー:漆黒のスネーク・アイズ』日本語吹替版では、主人公スネークアイズを担当する木村が、プロモーションテーマソングも一任された。



 そして、「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」やHey! Say! JUMP等数多くのアーティストや作品への楽曲提供実績を持ち、全員が作詞・作曲・編曲家であり、アーティストでもある前代未聞の音楽クリエイターギルドバンド・月蝕會議が楽曲(作詞:月蝕會議・好良瓶太郎、作曲・編曲:月蝕會議)を手掛け、今話題のクリエイティブチーム<ピンクじゃなくても>がPVを制作するコラボレーションが実現。



 PV映像は、木村と月蝕會議が漆黒のコスチュームを身にまとい、赤のネオンを背景にギンギンにビートを響かせて始まる。木村は初挑戦となる映画のプロモーションテーマソングについて、「2時間の映画を3分の曲に込めた」と話し、「映画の良い所、聴いてスネークアイズが頭に浮かぶような曲だったら最高」と映画と曲への熱い思いを語っている。



 楽曲を手掛ける際に、映画で印象的だったところを取り入れたと話す木村は「日本のスケールをはるかに飛び越えたアメコミのアクション、バイクで走る高速のシーン、一瞬で浮かぶようなイメージ」と語っており、映画の良さを凝縮したようなエッジの効いた曲に仕上がっている。



 さらに、「『STEALTH DIVE』というタイトルは、STEALTH=忍び、DIVE=新しい世界やアクションで飛び込むという意味がある」と解説し、映像も忍者アクションシーンやコミックのキャラクターが飛び出してくる場面も取り入れていて、見どころ満載だ。



 歌詞は、「She Knows Beat!!!」と“忍び”を掛け合わせているような “忍者”ワードがさく裂。「真の忍びが漆黒より忍びよる Storm Shadow」等、スネークアイズの宿敵であるストームシャドーの名前なども起用しており、映画ファンは一瞬も聞き逃せない内容となっている。



 月蝕會議による、本編を連想させるようなスピード感のあるアドレナリン全開のサウンドについて木村は、「映画の世界を一曲にするってワクワクした」と興奮気味に話し、「すごくないですか!? あんまりないですよね、吹替と楽曲をどっちもできるって。うれしい気持ちが全く忍べてないんですよね(笑)」と喜びも口にした。



 最後は、「ぜひ音楽を聴いて、劇場公開を楽しみにしてください」とスネークアイズボイスで締めくくっている。



 映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』は、日本各地(愛媛・大阪・茨城など)での異例の長期ロケ撮影が行われた、日本の刀剣アクションと、ハリウッドのスケールが融合した忍者バトルアクション。刀と銃を武器に戦い「G.I.ジョー」最強の戦闘能力を持つシリーズ人気No.1の漆黒の忍者ヒーロー“スネークアイズ”の誕生秘話を描く。

カテゴリ