高橋ひかるが“未来人”に SDGsについて学ぶEテレ新番組、10・18スタート

高橋ひかるが“未来人”に SDGsについて学ぶEテレ新番組、10・18スタート

 女優の高橋ひかるが2100年の“未来人”となりSDGs(持続可能な開発目標)について学ぶNHK・Eテレ『ひろがれ!いろとりどり「リフォーマーズの杖」』が、10月18日(毎月第3月曜 後7:25~7:54)からスタートすることが22日、発表された。



【写真】だらしない芸人たちのひとりを演じるさらば青春の光・森田



 SDGsを楽しく学べるドラマ仕立ての新感覚バラエティーで、未来人と現代人がともに未来のために立ち上がるファミリー向けのSF番組。



 2100年の未来からきた未来人(高橋)。だらしない生活を送る芸人たちのもとへタイムスリップし「未来では温暖化が進み、貧富の差も広がって散々なありさま。その原因を作ったあなたたちになんとかしてほしいの!」と告げ、熱意に押された芸人たちは、世直し隊「リフォーマーズ」を結成する。今から備えれば、明るい未来が待っていることを信じ、体当たりロケを実施。彼らはBADな未来をGOODな未来に変えることはできるのか?



 だらしない芸人には、さらば青春の光の森田哲矢、おかずクラブ・オカリナ、空気階段の鈴木もぐら、ランジャタイの国崎和也、ゆにばーすのはら、納言の薄幸の6人が出演する。



■高橋ひかるコメント

SDGsという言葉はよく聞くものの、どういった取り組みか知らない方、知っていても取り組み方がわからないという方が多いと思います。でも、「リフォーマーズの杖」では、ユーモアを交えてわかりやすく学ぶことができるので、私自身はもちろん、幅広い年代の方にSDGsについての理解を深めていただくきっかけになればと思っています。これからリフォーマーズのメンバーとどんな物語が繰り広げられていくのか楽しみにしています。恋物語の予感もするのでドキドキです。
カテゴリ