築50年の2階建て古民家を改修した小さな複合店「ugo」が札幌市にオープン!

築50年の2階建て古民家を改修した小さな複合店「ugo」が札幌市にオープン!


9月25日(土)、雨後が、築50年の2階建て古民家を自ら改修した小さな複合店「ugo」を、札幌市にグランドオープンする。

様々な体験ができる多様な空間を演出



築50年、2階建ての古民家で元ゲストハウス跡の建築を活かし、様々な体験ができる多様な空間を演出する「ugo」。

「雨後の筍(うごのたけのこ)」=「《雨が降ったあと、たけのこが次々に出てくるところから》物事が次々と現れることの例え」から、「ugo」に足を運ぶことによって、様々な人と空間や時間を分かち合い、新しい出会いや出来事、文化を次々と発生させたいという願いを込めて、夫婦で設立したお店だ。

カフェやコワーキングスペースを設置



1Fは、カフェと生活雑貨やインテリアを扱う物販エリアで構成。ポップアップスペースやギャラリーの要素も持ち合わせている。


2Fは、薪ストーブを眺めながら上質な煙を嗜める水煙草スペースと、


集中的に仕事や作業に取り組める少人数制のコワーキングスペースを設けた。

手作業で創り上げた空間やこだわりの家具


デザイン・店舗設計は、Nowhere-Designs/鈴木弦氏を起用し、什器施工はandcraft、トータルプロデュースと全体の解体及び施工は雨後が実施。


一つ一つの空間を異なったコンセプトで区画分けしており、1つの店舗の中で様々な表情を楽しめるような設計となっている。


さらに、什器以外の部材や塗料は全てホームセンターで揃え、手作業で空間を創り上げたことで、より一層、雰囲気を味わえる空間に。家具や什器にもこだわり、北欧家具を中心とした世界各国の家具を選定した。

新しい文化の発信地に


同店は「ハイカルチャーとローカルチャー」「北海道のカルチャーと道外/世界のカルチャー」のような様々な文化が行き交い、新しい文化が生まれて創られていく、文化の発信地を目指している。


物販エリアでは、北海道初進出のアイテムも多数用意し、カフェエリアで販売する珈琲は、京都の焙煎所にてオリジナルブレンドを制作した。

先着でトートバッグをプレゼント



また、​店舗又は「ugo」公式オンランストアで1000円以上購入した人には、先着でトートバッグをプレゼント。こちらは一人1点限りとなる。

気になる人は「北海道 ugo」で検索を。クリエイターやベンチャー企業、何かを始めたい人など、様々な層が幅広い目的で利用できる「ugo」へ足を運んでみては。

■ugo
住所:北海道札幌市豊平区豊平3条4丁目1−23

※営業状況が記事の掲載時と異なる場合があります。ご利用時には公式HPなどで最新情報のご確認をお願いします。
カテゴリ