男性とのコミュニケーション能力を向上させる会話術4つ

男性とのコミュニケーション能力を向上させる会話術4つ

男性と話すのはなんだか緊張する……という女性は少なくないようです。


一度苦手意識を持つと、それを克服するのは難しいもの。


でも、今回ご紹介する4つの会話術を取り入れれば、男性との会話も得意になるかもしれません。


「男性とのコミュニケーション能力を向上させる会話術4つ」ぜひ参考にしてみてください!




ネガティブな印象を与えない


コミュニケーションを円滑に進めるうえで絶対にやってはいけないのがネガティブな印象を与える言動。


相手が話している途中で否定したり意見したりするのはNGです。


「私はこう思います」とか「こうしたほうがよさそう」と求められていないのに意見して、会話を中断させるのは控えましょう。


「どうせ私なんか」や「私と話していても楽しくないですよね?」などネガティヴな言葉も、相手を困らせるだけなのでやめましょう。


ミラーリングを取り入れる


ミラーリングとは、相手の言葉をそのまま繰り返すこと。


たとえば、「このお店のドーナツ美味しいよね」で正解となるミラーリングは、


OKパターン「美味しいよね!よく私も買うよ」など。


NGパターン「ほかの店よりもクオリティが高くて値段も安いよね」など。


ミラーリングは、基本そのまま返すのが鉄則。


相手の言葉をただ繰り返すだけで、「ちゃんと話を聞いてくれている」「この人とは話が合う」といった安心感や心地よさを相手に簡単に与えることができます。



8:2のバランスを心がける


男性と話すときには、相手の話が8割で、自分の話は2割くらいを意識してみましょう。


「なんか俺ばっかり話してごめんね」と相手が感じるくらいが丁度いいのです。


このバランスを意識すると、「もっと話さなきゃ」というプレッシャーからも解放されて、楽に話すことができるはず。


2割の部分では、自分のエピソードを軽く話しながら相手が好きそうな話題で共感ポイントをくすぐれば完璧です。


肯定的なリアクション


男性の前で話すのが得意ではないという人は、まずは相手の話を聞くことから始めてみましょう。


男性は、自分の話を延々とする女性よりも、自分の話を積極的に聞いてくれる女性を好む傾向があります。


聞き上手になることで、男性の心を掴むことができるかもしれません。


聞き上手になるためのポイントは、共感や同調のサインを示して、相手が話やすい状況を作ってあげること。


相手の目をしっかり見て、肯定的なリアクションを取ることで、「話が合う人」と思わせることができます。


これを意識するだけで格段にコミュニケーションが上達するでしょう。


男性とも楽しい会話を!


相手が話しやすい環境をつくり、相手の話す内容を理解しようとする気持ちで耳を傾けましょう。


これが身に付けば、恋愛においてコミュニケーションが楽になります。


気になる男性にも「話しかける」とか「アプローチする」というスタンスではなく、「話を聴きにいく」という気持ちで接してみてはいかがでしょうか。


今回紹介したポイントを取り入れ、「話があう」「話しやすい」といった印象を与えることができれば、自然と距離も縮まるはずですよ!


(愛カツ編集部)



カテゴリ