【2021年版】そろそろ髪の毛も秋を意識しない?ため息が出るほどかわいい“秋のこなれカラーカタログ”


9月ももう下旬。まだ暑さは残りますが、街でも秋服を着用する人が増えてきました。



そんな今の時期、せっかく秋を意識したコーデをしているなら、髪色も秋仕様にしませんか?



今回は、ため息が出るほどかわいい“秋のこなれカラー”を6つご紹介します。



1. 秋の王道こっくりブラウン系!





@lomalia_miyuki / Instagram



まずご紹介するのは、秋の王道である「こっくりブラウン」。栗のような深みのあるブラウンが秋らしくて、コーデにもよくなじみますよね。



トーンは、暗めなのでブリーチの必要がないことがほとんど。そのため、「ブリーチはしたくない…」という方でも挑戦しやすいヘアカラーですよ。



「髪への負担は少なく、とりあえず秋っぽくしたい!」という方は、こちらをチョイスしてみると良いかも。





@m__uu_0717 / Instagram



ミルクチョコレートのような、柔らかなブラウンカラーの「チョコレートブラウン」もおすすめ。



暗すぎず明るすぎないちょうどいい色で、温かみのある秋を存分に感じられそうです。



優しいブラウンは、かわいらしい印象を与えてくれるので、キュートなコーデが好きな方におすすめのカラーですよ。



2. 思わず食べたくなっちゃう焼きいもカラー





@yyyyynnnnn14 / Instagram



2つ目にご紹介するのは、思わず食べたくなる「焼いもカラー」。ピンクとパープルの中間のようなカラーで、赤みの強い暖色が秋コーデにピッタリです。



染めたては少し派手に見えますが、色落ちも含め長い間ヘアカラーを楽しめるので、ピンク好きの人はぜひチャレンジしてみて。



3. 栗毛がかわいいマロンベージュ





@hazuki_kasuga / Instagram



3つ目は、モンブランのような栗色をイメージした「マロンベージュ」。ミルクティーのような柔らかさのある色味で、こちらも秋に大人気のカラーです。



トーンが明るめで、夏に髪の毛を明るくした人におすすめ。秋に向けて髪の毛のトーンを落としたいと考えている方は、このようなカラーから徐々に暗くしていくのが良さそうですね。



一方で、夏に暗くしていた方のイメージチェンジにも!服が暗くなりがちな秋服は、少し明るい髪色でバランスを取ってみてはいかが?



4. グレーアッシュで寒さの訪れを意識して





@t.ask_03 / Instagram



4つ目にご紹介するのは、寒さの訪れを意識した「グレーアッシュ」。これまでご紹介したブラウンやベージュと異なり、赤みの無い冷たいカラーです。



かっこいい印象に仕上がるため、クールなファッションが好きな方におすすめ。トレンドのグリーンがよく映えそうな色味ですよね。



寒色や暗めのカラーが好きな方は、ぜひこちらをチョイスしてみて。



5. いいとこどりのグレーベージュ





@alku_yukisakai / Instagram



「グレーもベージュもどっちもかわいくて選べない!」という方におすすめなのが、「グレーベージュ」。



クールな印象のグレーと、優しい印象のベージュのいいとこどりをした、絶妙なこなれカラーに仕上がります。



ナチュラルに秋を取り入れたい方におすすめですよ。



6. あえて暗めで大人っぽく「オリーブブラウン」





@_nla_misato / Instagram



最後にご紹介するのは、かなり暗めの「オリーブブラウン」。秋になると暖色のこっくりカラーが人気ですが、あえて暗めのブラウンを選んでみるのもいいかもしれません。



のっぺりとしたブラックではなく、くすんだオリーブ色が混ざったブラウンなので、暗い所では黒に見えますが、光に当たるとちょうどいい透明感が出てとってもおしゃれ。



自然派おしゃれさんを目指している方は、こちらのカラーがおすすめです。



やりたい髪色は見つかった?





@yyyyynnnnn14 / Instagram



今回は、ため息が出るほどかわいい“秋のこなれカラー”を6つご紹介しました。



暖色も寒色もそれぞれ良さがあって、何色にしようか迷ってしまいますよね。



秋色こなれカラーにシフトチェンジして、秋を感じましょ。



カテゴリ