一気に萎えちゃう…男性がデート中に言われたくないこととは

一気に萎えちゃう…男性がデート中に言われたくないこととは

気になる彼とのデートなら、楽しいに決まっているはずですよね。


でも、彼に対して言った言葉じゃないのに、不満なのかと捉えられてしまう場合もあるみたい。


発言には気を付けた方が良さそうです。


今回は、男性がデート中に言われたくないことをご紹介します。



デートプランの改善を要求


「彼女が以前から行ってみたい食べもの屋さんがあるということで、連れて行ってあげようと思ったんです。ところが、イマイチ道が分かりづらく、途中で少し迷ってしまった。


さらに、到着して店に入ったら、食べたいメニューが売り切れてて……。彼女に、『下調べしてから行こう』と言われ、その通りだけど、イラッとしてしまった」(30歳男性/教師)


計画が思い通りにいかず、申し訳ない気持ちもあるでしょう。


でも、彼としては、彼女のためにおこなったこと。


そこで指摘されて責められると、やらなければよかった……という気持ちになる。


ここは改善を提案するのではなく、感謝を述べるべきでしょう。


他の人のSNSを見て羨ましがる


「彼女とゆっくりしたいと思い、近場を2人で散歩して、カフェに入ったんですね。そこで、彼女がケータイを見て、『いいな~』と言うんです。


友だちのSNSを見ていて、彼氏と旅行している写真がアップされていたよう。なんか、申し訳ない気持ちになりました」(31歳/ゲーム)


彼としては、自分たちの状況と比較されているような感覚になったんでしょう。


さらに、不満を訴えられているように感じたのかも。


この発言は、やや配慮に欠ける言葉と言えるかもしれませんね。


元カレとの思い出を匂わす


元カレとの思い出を匂わす


「彼女とイルミネーションを見に行ったとき。喜んでくれると思ったんだけど、反応がイマイチ。聞いたら、『来たことがある』と言うんです。


しかも、たびたび、『懐かしい』なんて言ったりしてる。もう、絶対に元カレを思い出してるでしょう。不愉快でした」(27歳/デザイン)


男性にとって、元カレの存在というのはとても嫌なもの。


彼女がそれを思い出しているなんて、不愉快極まりないことです。


比較されているような気にもなってしまいます。


なので、元カレの存在を匂わせるような発言は避けるべきでしょう。


天候に文句を言う


「夏の暑い日に、彼女とフードフェスに行ったんです。着く前から彼女は、『暑い』と不満を漏らしていました。


そして、着いて食べていたら、急に雨が降り出してきて、『雨最悪』とイライラし出した。俺が文句を言われているようで、すごく嫌だった」(30歳/建築)


天候は、どうにもできないところ。文句を言っても、改善されるわけではありません。彼としても対応のしようがないです。


こういう場面ではむしろ、どんな天候であろうと、それを楽しむような発言すると逆に好印象ですよ。


デート中の発言には気をつけて!


デートをして愛を育んでいくはずが、言動によってかえって関係を悪化させてしまう場合もあります。


彼に気を許しているからこその言動かもしれませんが、甘えすぎないように気を付けましょう。


(大木アンヌ/ライター)


(愛カツ編集部)




カテゴリ