冬もリーボック「インスタポンプフューリー」で快適に。気になる新モデル“ブーツスタイル”がお目見え


Reebok(リーボック)から、「インスタポンプフューリー」の快適性をアップデートした新モデル「INSTAPUMP FURY X GTX(インスタポンプフューリー×ゴアテックス)」が登場。



リーボック オンラインショップやクラシックストアほか、オンラインショップにて、10月1日(金)に発売されます。



「インスタポンプフューリー」とは





1994年にランニングシューズとして登場した、「インスタポンプフューリー」。



アッパー部分に採用されている“The Pump Technology(ザ ポンプテクノロジー)”により、チェンバー(空気室)から空気を入れ込み、シューズのフィット感を調整できるモデルです。



発売25周年を迎えた2019年には、アニバーサリー企画として、初期モデルであるプロトタイプの初復刻をはじめ、オリジナルカラーである“シトロン”と“サックスブルー”の復刻、さらに歴代名作モデルのカラーリングを踏襲したスペシャルモデル「ICONS PACK」などが発売されました。



インスタポンプフューリーがブーツスタイルに





「INSTAPUMP FURY X GTX」は、インスタポンプフューリーのベースの構造はそのままに、ブーツのようなアッパーを取り入れた1足です。



最大の特徴は、ゴアテックスの中でも快適性に特化した、“GORE-TEX INFINIUM THERMIUM (インフィニアム サーミアム)”プロダクトテクノロジーという技術が、ライニングに採用されている点。



これによってつま先部分の保温性が高まり、ウィンターシーズンの足元を快適に保ってくれるといいます。



通常の保温素材に起こりがちな、「外では暖かくても、屋内だと熱くなりすぎてしまう」という悩みを解決。屋内では熱がこもりにくく、1日中快適に、真冬だけでなく、長いシーズン活用できるそうですよ。



デザイン面もアップデート





デザイン面では、空気が入るパーツである“ブラッダー”も、オリジナルの形状を維持しつつ、ポンプボールを甲の部分からサイドへと移動。



ハイカットになった分、簡単に着脱できるよう、ジッパーがプラスされています。



アウトドアテイストのゴツゴツとしたアウトソールを採用し、カラーはアイコニックなファーストカラーである『シトロン』と、ベーシックでコーディネートにあわせやすい『ブラック』、『オフホワイト』の3色で展開。



デザイン性・機能性ともに、秋冬シーズン用にも相応しい1足と言えそうですね!





「INSTAPUMP FURY X GTX」(税込2万5300円)のサイズ展開は、22.0cm~31.0cm。22.5cmと30.5cmはないため、ご注意くださいね。



機能性に優れた「INSTAPUMP FURY X GTX」なら、寒い冬でも快適に過ごせそう。気になる方は販売店舗のチェックをお忘れなく。



販売店舗

リーボック オンラインショップ・ZOZOTOWN・Rakuten Fashion・Locondo・Magaseek・リーボックストア 渋谷・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE、あべのHOOP、ららぽーと立川立飛、横浜ビブレ、ららぽーと名古屋みなとアクルス)・リーボック フィットハブ(ららぽーとEXPOCITY、博多キャナルシティオーパ)・KICKS LAB ,オンラインショップ・calif オンラインショップ・三越伊勢丹オンラインストア・UPTOWN Deluxe,UPTOWN熊本店・mou・ESSENCE BP・ESSENCE MITO・ESSENCE AKITA・CIENTO・FRINGE



リーボック オンラインショップ

https://reebok.jp



カテゴリ