『キョコロヒー』ごほうび特番 ヒコロヒーが破局を告白 齊藤京子は料理下手の汚名返上を狙う

『キョコロヒー』ごほうび特番 ヒコロヒーが破局を告白 齊藤京子は料理下手の汚名返上を狙う

 今春にテレビ朝日の深夜枠の新機軸バラエティゾーン『バラバラ大作戦』でスタートした日向坂46・齊藤京子×お笑い芸人・ヒコロヒーという異色の2人が“ダンスの楽しみ方を知る番組”『キョコロヒー』。今夏に行われた『バラバラ大作戦』の一大イベント第2回『バラバラ大選挙』で視聴者投票第1位を獲得したごほうび特番が、きょう2日の午後11時から放送される。



【写真】コック帽を被り笑顔の齊藤京子と焼き肉を頬張るヒコロヒー



 ローテンションなのにテンポが速い2人の雑談は人気となり、深夜2時台の放送ながら過去23回の放送で19回もツイッターのトレンド入り。見逃し配信再生数でも多くの放送回でランクインした。すでに、6日から水曜深夜0時台に進出することも決定している。お引越し直前に放送するごほうび特番は“やりたいことぜんぶやる”をコンセプトに、2人がしゃべりたいことをしゃべり、これまでできなかったロケに出るなど、スペシャルでしかできないことをやりたい放題、繰り広げる。



 今回のスペシャルは、盛りだくさん。まずは、オープニングから。これまで、『キョコロヒー』にはスタジオセットがなく、2人のバックにADが16枚つづりの紙を貼るという“お手軽スタイル”で放送してきたが、スペシャルを機にキュートな新セットが誕生した。



 そして、初のロケ企画では、齊藤京子が料理に挑戦。約3年前、他局の番組でナポリタンを作った際、ナポリタンを作るのに鍋で麺とトマトを煮てしまい、“料理できないキャラ”が浸透してしまったため、今回はそのリベンジを狙う。洋食の名店のたいめいけんを訪れた齊藤は、シェフが見守る中、洋食の定番、オムライスとグラタン作りにチャレンジする。しかし、料理下手をいじられないか警戒しまくり。いったいどんな料理を完成するのか、そしてリベンジは成功するのか。



 一方、ヒコロヒーは訪れてみたかったという焼肉店を探訪。「食レポができなくて番組に呼ばれなくなったことがある」というヒコロヒーがトラウマを乗り越えてどんな食レポを見せてくれるのか。



 勝手なイメージで世間からいろいろなことを言われがちな齊藤とヒコロヒーのために、番組では世間の人々に2人に対する第一印象を大調査。そこにスペシャルゲストがサプライズ登場し、ヒコロヒーをあわてさせる。果たして、スペシャルゲストの正体は。そのスペシャルゲストの登場にヒコロヒーが泣いてしまう?



 そして番組の“要”でもあるトークでは、ヒコロヒーが番組のせいで破局した事実を赤裸々告白。ところが、そこへ齊藤が爆弾発言を投下。「なんで言っちゃうの?」とヒコロヒーを動揺させる。また、低音ボイスのせいで“強い性格”だと誤解されがちだという齊藤が、自身の本当の性格をヒコロヒーに説明するが、思いがけず名言を連発する展開に。いったい齊藤が分析する、自身の本質とは。



 ダンス番組である以上、ダンスも紹介。深夜時代からおなじみ、マドンナの専属ダンサーも務め、櫻坂46や日向坂46などの振付けでも注目を集める世界的ダンサー・TAKAHIRO先生の熱血ダンス解説コーナーも健在。今回はBTSの「Butter」を完全解説する。TAKAHIROが話す「この曲は“シャイボーイが書いたラブレター”」とは一体どういうことなのか。進化しすぎたダンスを紹介する発掘ハイブリッドダンサーのコーナーでは、いつも以上に凝ったかけ合わせを披露する多才すぎなダンサーが登場。「これで歌がうまかったらこの世のトップアーティストですよね!」と齊藤も最大級の賛辞を送るが、はたしてそのダンサーの正体とは。



 スペシャルならでは、やりたいことを詰め込んだ内容となった。
カテゴリ