【成功確率アップ!】年下の彼を上手く誘う方法

【成功確率アップ!】年下の彼を上手く誘う方法

年下の彼と距離を縮めたいけど、どんな風に誘えばいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。


年下の男性へのアプローチは、警戒心を持っている場合もあるので、注意した方が良さそうです。


そこで今回は、成功確率が上がる、年下の彼を上手く誘う方法をご紹介します。




デートの行き先をはっきりさせる


年下の彼から嫌われていないことが確実であれば、ふたりきりのデートに誘って距離を縮めたいもの。


ただ、好きという気持ちが見えすぎるお誘いは、いくら親しくても、警戒して断られる可能性も……。


そこでおすすめは、明確な行き先を目的としたデートのお誘い。


「今度遊ぼう?」と漠然とした誘い方より、「〇〇のチケットが余ってるんだけど、一緒に行かない?」「カメラを買いたいんだけど、○○君くわしいよね。こんどの休み付き合ってくれない?」といった感じ。


具体的な目的を示してお誘いしたほうが、断られる可能性は低くなります。


好きだから誘っているのではなく、用事があるから誘っていると思わせると、年下の男性も応じやすくなるはずです。


グループでの遊びに誘う


もしまだ距離感がある場合は、いきなりふたりだけの食事やデートに誘うのは避けておいたほうがベター。


年上女性にあこがれる男性もいれば、警戒心を持つ男性もすくなくないからです。


いきなり個人的なお誘いをしてしまうと、相手によっては警戒され、今後のアプローチがうまくいかない原因にも……。


なので、距離を縮めるためにも、最初はグループデートに誘うのが◎


「職場のみんなでどこか行こうって話してるんだけど、〇〇君もどう?」といった誘い方は、とくべつな好意が見えにくい誘い方。


年下の彼も警戒せずに済みますし、みんなが行くならとお誘いに応じてもらいやすいもの。


もしこの手がつかえるなら、ここからはじめていきましょう。



グチを聞いてあげるていで誘う


職場の後輩といった間柄の場合、頼れる先輩としてお誘いするのも◎


まだまだ若い彼ですから、グチりたいこともたくさん!


そこで、やさしいお姉さんがグチる場を作ってあげるのです。


仕事でミスしたり、上司に怒られたり……。


落ち込んでいる年下の彼を見かけたら、「今日大変だったね。飲みに行く?グチ聞くよ?」といった言葉で、お誘いしていきましょう。


心が弱っているときは、誰かのやさしさがうれしいもの。


話を聞いてほしい気持ちも高まっていますし、断られることなく飲みに行ける可能性大です。


一気に距離が縮まることも。


ただし、説教はしないよう注意しておいてくださいね。


会話のついでに誘う


年下の彼との気軽な会話は、デートにつなげるチャンスでもあります。


会話の流れでさらっとお誘いすれば、自然な流れで受け入れてもらいやすいもの。


おいしいお店の話題や、人気スポットの話題が出たら「じゃあ今度、ご飯行こうよ!」と軽い雰囲気で誘っていきましょう。


ポイントは社交辞令のような適当なスタンス。


とくべつな感情を見せないことで、年下の彼も「いいですね」と返事しやすいのです。


そして、この会話ができたら後日「そういえば、ご飯の話してたけどいつ行く?」と軽い流れで、具体的な約束につなげましょう。


年下の彼も、いちどOKの返答をしているため、断りにくいはず。


すこしズルいやり方かもしれませんが、一気に約束を取り付けてしまいましょう。


まずは警戒されないことだ大事!


年下の彼へのお誘いのコツは、いきなり好意を見せないこと。


年上女性に憧れる反面、「付き合うには結婚を迫られるかも……」というイメージを持っている男性も多いからです。


だからこそ、警戒心を与えないお誘いで、すこしずつ距離を縮めていくのが◎


お誘いさえできれば、距離を縮めるなかで年下の彼のハートを掴んでいけばいいのですから。


焦らずにいきましょう。


(白藤 やよ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ