運命の女性かも…男性が「この子と結婚するんだな」と感じた瞬間

運命の女性かも…男性が「この子と結婚するんだな」と感じた瞬間

結婚のタイミングってどんなときなのでしょうか?


長期交際にもかかわらず破局することもあれば、あっさりスピード婚する人もいますよね。


世の中の男性に聞いてみると、何かをきっかけに「この子と結婚するんだな……」と思うことがあるみたいです。


そこで今回は、男性が「この子と結婚するんだな」と感じた瞬間をご紹介します。




足りないところを補ってくれたとき


「仕事が忙しいのでよくピリピリしちゃってたんですけど、そんなときでも妻はいつも笑顔で癒してくれるんです。だから結婚しました」(31歳男性/営業)


似た者同士だとお互いのやりかたに不満を持ち、ケンカになることも少なくありません。


結婚となると、全く違うタイプの人の方が上手くいくこともあるようです。


日々の暮らしを考えるのなら、足りないところを補え、協力し合えるパートナーが理想でしょう。


自分にないものを持っているからこそ、より尊敬する気持ちが芽生えるのかもしれませんね。


自分を理解してくれたとき


「彼女とデート中、『最近仕事で疲れているから早く帰りたいな』なんて思っていたんです。

そしたら彼女から『ここのところ仕事忙しかったでしょ?今日は早めに帰ろっか!』と言ってくれたんです。


僕のことよく見てるし分かってくれるのは、彼女しかいないなって思いましたね」(28歳/商社)


感情を言葉にするのが苦手な男性って多いもの。


そのため、知らないところで我慢していることがあるのかもしれません。


だからこそ気持ちをくみ取って、女性が労わってくれるとドキッとするようです。


こんなに自分を理解してくれる人はいないからこそ、彼女を手放してはダメだと感じるのでしょう。


こちらは日頃から彼を注意深く観察するとよさそうですね。



気を遣わずに過ごせたとき


「結構ひとりが好きなので、結婚願望はほぼなかったんです。

でも彼女は何かを望むわけでもないし、でも押し付けがましさもなくて、一緒にいて楽だったんです……。


それではじめて結婚してもいいなって思えたんですよね」(32歳男性/金融)


男性の中には家事も自分でできるし、いままでの生活スタイルを変えたくない人もいます。


そんなタイプの男性には、自立をアピールしたほうがよさそうです。


何かしてあげるにしても「彼のためではなく、自分がしたいからやっただけ」と恩着せがましくしないことが大事でしょう。


唯一無二の存在になれるといいかも


彼に結婚を意識させるためには「いままで付き合ってきた子とは何か違うな」と思ってもらうことが大切です。


そのためには彼がどんな「恋愛価値観」を持っているのか、そして何を求めているのかを把握するといいでしょう。


彼の性格に合わせて上記のようなアプローチができれば、結婚の可能性も高まりそうですね。


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ