【要注意!】男性がいやがるデートスポット4つ

【要注意!】男性がいやがるデートスポット4つ

2人の仲を深めるためには、デートがなくてはならないでしょう。


しかし、そんなデートも行き先を間違えると大失敗になるかも……!


今回は、男性がいやがるデートスポットを4つご紹介します。



1.不完全燃焼な体験型デート


【注意したいデート先:スポーツ施設、体験型施設、キャンプ場など】


「突然ゴルフに誘われたんですが、2人ともまったくの初心者で、まともにプレイできませんでした。別の日には楽器を演奏しにいったのですが、音楽はずっと苦手で……。できないことをどう楽しめばいいかわかりません」(29歳男性/薬剤師)


2人ではじめてのことを体験するデートは盛り上がりやすいですが、相手と行き先によるかもしれません。


デートが不完全燃焼なまま終わると、あまり楽しくなかったと感じる男性もいるよう。


体験型のデートでは、お互いが楽しめるような内容のものを選ぶようにしましょう。


2.かわいいものに触れるデート


【注意したいデート先:キャラクターカフェ、グッズショップ、動物園、水族館、イベント会場など】


「動物園やキャラカフェなどは、彼女が『かわいい~!』を連発するので、あまり気乗りしません。たしかにかわいいとは思うけれど、こっちの立ち居振る舞いに困る」(32歳男性/看護師)


かわいいものを見たり、かわいい空間に行ったりするとテンションが上がる女性が多いのではないでしょうか。


見ているだけで癒やされる、なんてこともありますよね。


しかし、デートではそれを楽しみきれない男性がいるよう。


女性と一緒に「かわいい!」とはしゃげない人だと、どう過ごしていいのか迷うのでしょう。


かわいいものに触れるのは、デートでは避けたほうが無難かもしれません。


3.ハイテンションで楽しむデート


3.ハイテンションで楽しむデート


【注意したいデート先:遊園地、カラオケ、ライブ、アミューズメント施設など】


「カラオケや遊園地など、ひたすら高いテンションで騒ぐ場所が苦手です。賑やかなのは嫌いじゃないんですが、彼女が常にハイテンションすぎて、ついていけません」(25歳男性/大学院生)


カラオケで歌って、遊園地で叫んでストレス発散!なデートを選らびがちな方は要注意です。


心を許した彼とのデートではしゃぐのは楽しいかもしれません。


しかし、彼がそのテンションについていけないと、デートを苦痛に感じることもあるようです。


2人で楽しめるデートかを考えながら、デートプランを決めましょう。


4.ファンとして楽しむデート


【注意したいデート先:ライブ、ミュージカル、イベント会場など】


「彼女にすすめられたバンドがあり、曲もよかったので一緒にライブに行ったんです。でもファンの熱気やグッズ争奪戦の迫力に圧倒されて、さすがに2回目はお断りしたいと思いました……」(27歳男性/司法書士)


好きな人の好きなものは一緒に好きになりたいと思う人がいるかもしれません。


お互いに尊重し合える関係は素敵です。


しかし、その好きの度合いに差があると、楽しみ方も変わってくるのかもしれません。


ライブやミュージカルなどに行く場合は、同じくらい好きなファンと行くべきでしょう。


デートでお互いの理解を深める


デートは2人で楽しむのが理想です。


あなたが楽しいと思っているとき、彼も同じように楽しめているでしょうか。


デートの行き先を考えるときは、2人でしっかり話し合って決めるといいかもしれません。


相手のことをより深く知れるチャンスになるはずですよ。


(橘 遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ