aespa、新作『Savage』リリース会見 MVで「ついにBlack Mambaと対面します」

aespa、新作『Savage』リリース会見 MVで「ついにBlack Mambaと対面します」

 東方神起、少女時代、SHINee、EXOらが所属する韓国の大手芸能事務所・SM ENTERTAINMENTの4人組ガールズグループ「aespa」(エスパ)が5日、初のCD作品となる1stミニアルバム『Savage』(サヴィッジ)をリリースし、韓国で記者会見を開いた。



【動画】aespa、新作『Savage』リリース会見



 昨年11月にデビューした多国籍グループのaespaは、韓国人のKARINA(カリナ、21)、WINTER(ウィンター、20)、日本人のGISELLE(ジゼル、20)、中国人のNINGNING(ニンニン、18)の4人のメンバーと、「別の自我」であるアバター(メンバーの分身となるキャラクター)で構成されている。



 デビュー曲「Black Mamba」(昨年11月発売)、デジタルシングル「Next Level」(5月発売)のミュージックビデオ(MV)がYouTubeで1億再生を突破し注目を集めるなか、初のCD作品となる1stミニアルバム『Savage』は6曲が収録されている。



 ジゼルは表題曲『Savage』について「ドラムとベースを中心に、パワフルな感じのあるトラップジャンルの曲です。『Black Mamba』『Next Level』に続いて、この曲も私たちだけの世界観とストーリーが詰まった曲です」と説明した。



 前作『Next Level』はBlack Mamba(世界を脅かす巨大な蛇)を探すために「KWANGYA」(クァンヤ)と呼ばれるアバターたちが住む仮想世界に旅立ったが、ウィンターは「『Savage』では私たちがクァンヤに行って、ついにBlack Mambaと対面します。そして、私たちを助けてくれるnaevis(ナビス)が本格的に登場します。私たちがBlack Mambaに立ち向かえるように、ナビスが力を貸してくれるのですが、そのストーリーがかっこよく描かれているので、たくさん期待してください」と期待感をあおった。



 会見では表題曲『Savage』のミュージックビデオ(MV)と、無背景のパフォーマンス映像が公開された。ニンニンは「撮影したときも、早くファンの皆さんにお見せしたいと思ってワクワクしていましたが、こうして完成した映像を見ると思っていたよりかっこよく仕上がっていて、早く活動したいという気持ちになりました。ウィンターお姉さんのエンディングがすごくよかったです」と語ると、ウィンターは目を隠して照れていた。



 『Savage』のコンセプトが一番似合うメンバーについて、カリナは「メンバー全員よく似合っていると思うんですけど、今回は特にウィンターが黒髪のボブにしたので、ぴったりだと思います」と紹介。ウィンターは「あえて一人をあげるとしたらニンニン。表情がとても豊かなので、この曲をうまく表現していると思います」、ジゼルは「カリナは今回の衣装のコンセプトが似合っています。スタイリングもメイクも新しいものにトライしたんですけど、みんなとても似合っています」、ニンニンは「カリナお姉さんはワイン色に髪を染めてすごく似合っています。ウィンターお姉さんはボブにしたので全くガラリと雰囲気が変わりました。ジゼルお姉さんはラップが最高でした」とそれぞれ見どころを明かした。



 今作でかなえたい目標についてカリナは「6曲入っているミニアルバムなので、aespaが『Black Mamba』や『Next Level』のような強烈な曲だけでなく、いろんなカラーを昇華できるグループなんだということ、そしてaespaならではの世界観のストーリーも拡張していくことをお伝えしたい。一生懸命準備したので『さすがaespaだ』という言葉を聞けたらいちばんうれしいです」と語った。



 表題曲『Savage』のMVは、きょう5日午後6時にYouTubeで公開される。



■aespa The 1st Mini Album『Savage』収録曲

1. aenergy(アイナジー)

2. Savage(サヴィッジ)

3. I’ll Make You Cry

4. YEPPI YEPPI(イェッピーイェッピー)

5. ICONIC

6. Lucid Dream(ルーシッドドリーム)

カテゴリ