似た者同士?長続きするカップルの「意外な共通点」とは

似た者同士?長続きするカップルの「意外な共通点」とは

せっかくお付き合いをしているのだから、好きな人とは長く付き合いたいと思いますよね。


しかし、付き合うときに年齢が近かったり、ノリが合う人を選んだりするのに、なぜか長続きしないと悩む方もいるようです。


今回は、長続きするカップルの「意外な共通点」をご紹介します。



教養や知識のレベルが同じ


「彼を立てたくて、『そうなんだ』『教えて』って感じで接してたら『一緒にいても楽しくない』って、年上の女に乗り換えられたことがあります」(26歳女性/広告)


「自分と同じくらい仕事を頑張ってたり、向上心がある女子を生意気なんて思わないな。話してて刺激があると、飽きないし会いたくなる」(26歳男性/金融)


知的レベルとは学歴だけを指すのではなく、「好奇心の度合い」でもあります。


「かわいくても話していて物足りない」「『飽きる』ってこういうとこから始まるのかも」などと不満を男子は感じているでしょう。


彼は「頭をよくなってほしい」と思っているのではなく、学ぼうとしてほしいと思っているのです。


対等に話せて、人としても刺激を与え合えるカップルは、一緒にいて飽きることはないですよ。


されたくないことが同じ


「趣味や笑いのツボが似てても、僕がされてイヤなことがわかんない人はムリ。昔、元カノに僕が買った本をコースターのように使って、自分のグラスを置かれたのはマジでムリだった」(25歳男性/商社)


「私はドタキャンがNG。元カレは『当日の気分でドタキャンしたって仕方なくない?されたほうだって時間が空くんだし、いいじゃん』と。

やっぱり続きませんでしたね」(24歳女性/金融)


趣味や価値観が合うのを、恋人の条件にあげる人は多いでしょう。


しかし、長く仲良く付き合っていくポイントは、お互いに大きなストレスを感じずに済むこと。


「これをされるのがイヤ」といった点が似てないと、知らず知らず地雷を踏み、大ゲンカや別れにつながりやすいです。


逆に、好きなことはお互いに紹介しあって一緒に新しい楽しみを見つければよいので、必ずしも似ている必要はありませんよ。


気兼ねなくいられる人こそ運命!


価値観がピッタリ重なるような人には、なかなか巡り会えません。


さらに、趣味や将来の夢がまったく同じ人もいないでしょう。


それでも長続きしているカップルは、お互いにストレスを感じない傾向があるよう。


気兼ねなく一緒にいられる相手こそ、運命の人なのかもしれませんよ。


(中野亜希/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ