もう別れよ…男性が「急激に冷めた」彼女の行動とは?

もう別れよ…男性が「急激に冷めた」彼女の行動とは?

ラブラブだったにもかかわらず、女性からすれば、「え、そんなことで?」と思うことが原因で、彼氏から振られたことはありませんか?


そこで今回は、男性が「急激に冷めた」彼女の行動をご紹介します。


いきなり別れる……なんてことにならないよう一緒に見ていきましょう!




女友達の彼氏をうらやましがる


人それぞれ恋があり、友達に素敵な彼氏が見つかれば、それもまたひとつの「いい話」ですよね。


でも、あまりに友達の彼氏を「いい男」として話してしまうと、聞いている男性は、自分とくらべられているような気分になることもあるようです。


ちょっぴり話すくらいなら大丈夫ですが、何度も褒めたり、友達がどれだけ素敵な恋をしているかを、熱く語りすぎたりするのはNGでしょう。


「あなたと違って、〇〇ちゃんの彼氏は~」という話に勝手に置き換えてしまう男性もいるようです……。ほどほどにしておきましょうね。


強い口調で命令される


なにかアドバイスをするときには、男性のプライドを傷つけたり、遠慮のない女性だと思われないよう注意が必要でしょう。


もちろん、これは男女関わりなく注意すべきポイントでもあります。


「〇〇しなさいよ」や、無関係の他人の愚痴や文句でも、「〇〇しろよ~!」などと言わないよう、下品な言葉使いには気を付けておきましょう。


何かお願いするときは「〇〇してね」「〇〇してほしい」と言ってみるのが良いかも。



男性なんだからと決めつける


「男なんだから〇〇しないと」「男だから別に気にならないでしょ」という決めつけはNGでしょう。


個性を無視した、性別での決めつけは、相手を不快にさせてしまうはず。


自分にとって理想の男性像があったとしても、「男だから」という理由にするのはやめておいたほうが無難でしょう。


どうしても改善点を伝えたいのであれば、その人自身がより魅力的になるため……というニュアンスで伝えていきましょう。


言動や行動には注意


男性からすると、大切にしてほしいものや、自分の価値を測る対象は、意外と細かく繊細なところなのかもしれません。


自分の目線だけでなく、相手の心や価値観を読み取るようにして、「ちょっとした気遣い」ができる女性を意識してみましょう。


相手の立場になって言動や行動には気を付けてみてくださいね。


(橘遥祐/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ