【ダメージヘアに悩むあなたに】枝毛はなぜできる...?知っておきたい枝毛の原因と予防法


【ダメージヘアに悩むあなたに】枝毛はなぜできる...?知っておきたい枝毛の原因と予防法


枝毛のない綺麗なロングヘアって憧れますよね!でもカラーやパーマをしていると、ちょこちょこ切っていたとしてもいつの間にかできてしまうものです。枝毛が髪の絡まりの原因となって、どんどん枝毛が増えてしまう、、なんてことも。今回は、美容師の小松さんにご協力いただき、枝毛の原因と予防法についてまとめてみました!

『枝毛』と『切れ毛』の違い


【まず枝毛って?】
枝毛とは、髪のキューティクルに、
摩擦などが生じて、『髪が縦に割けてしまうこと』

【切れ毛とは?】
切れ毛とは、髪に無理な力を与えすぎるた時に、
そのダメージによって『髪が途中で切れてしまうこと』


今回は『枝毛』について詳しくまとめていきます!!

枝毛が出来る原因

枝毛が出来る原因は、大きく分けて
#1.乾燥
#2.摩擦
#3.施術のダメージ
に分類することが出来ます。

それでは1つずつ原因と対策を詳しく見ていきましょう!!

1.乾燥によるダメージ

乾燥を引き起こす大きな原因は、

①『食生活や生活習慣の乱れ』
②『高熱のあてすぎ』
③『洗浄力の強すぎる粗悪なシャンプー』

この3つであることが多いです。


①髪はタンパク質で出来ているので、
過度なダイエットなども髪には良くないです。

「最近太ったな」って思ったとき
髪の調子は良かったなんて経験のある女性も多いのでは??


②高熱を当てると髪の内部の水分が蒸発して
ぱさぱさの髪になってしまいます。

アイロンやコテは140度以下で使うようにしましょう!


③市販のシャンプーはスッキリ感を重視しているため、
必要以上に洗浄力が強い物がほとんどです。
本来必要な油分まで洗い流してしまうと乾燥毛になってしまいます。

2.摩擦によるダメージ

摩擦は意外と気を付けていない方が多いダメージです!

髪は、濡れているときはとても弱い状態になってます。
濡れた髪をタオルでごしごし拭いたり、
ドライヤーの前にブラシを通したりするのはNG です!!

お風呂から上がったら、やさしくたたくようにタオルドライし、
出来るだけ早く乾かしましょう☆

【水に濡れたままの状態で髪を雑に扱わない】
ことが大事なポイントです。


また、「顔回りにばっかり枝毛が出来る」
という方も多いのでは??

そんな方は、髪を触るクセがあるかもしれません。

髪をつい触ってしまうのも、
摩擦が起きて枝毛の原因となるんです。

3.施術によるダメージ

カラーやパーマ、縮毛矯正などは
薬を使うのでどうしても髪にとって負担となってしまいます。

美容師さんとよく相談して
使う薬剤を決めてもらいましょう♪

もし枝毛を発見したら...

枝毛を見つけたら、
『切れる場合はカット』
髪は傷んだらもとには戻りません。

トリートメントで内側を補修することはできますが
一度裂けた髪をくっつけることはできません。

枝毛が他の髪を摩擦してさらに枝毛が増える
こともあるので切ることをオススメします!


切った後はきちんとケアをしましょう。
一度枝毛ができたということは、
そのままだと同じようにまた枝毛ができるということです。

最後に

いかがでしたか?

ちょっと気を付けるだけで
格段に改善すると思います!

きれいな髪を目指して頑張りましょう☆

この記事を監修した美容師さん

yusuke komatsu 【Luxe】




東京・南青山 『Luxe(ラグゼ)』Salon Director。『似合わせ』と『バランス』を考え、ヘアデザインします。 徹底したカウンセリングで【お客様リピート率No.1へ】。特に外国人風スタイルと髪質改善にこだわったヘアが得意です。
詳しくは『Luxe 小松』で検索していただけたら嬉しいです。

Instagram→https://instagram.com/y_komatsuuuuu/#

カテゴリ