不安な人はチェックして!男性が「本命じゃない女性」にすること3つ

不安な人はチェックして!男性が「本命じゃない女性」にすること3つ

彼氏と付き合っていくうちに、「もしかして私って本命じゃないのかも……?」と感じたことはありませんか。


その答えは、彼氏の行動から読み取れるかもしれません。


今回は男性が「本命じゃない女性」にすることを3つ紹介します。


彼との関係が不安な人はぜひチェックしてみてください。



1.彼が体調が悪いときに看病を断われる


彼が体調を崩したとき、「なにか必要なものはある?」や「おかゆ作りに行こうか?」などと声をかけたくなりますよね。


一人暮らしの体調不良はとくにつらいです。そんなとき、優しくしてくれる本命の彼女になら甘えたくなるはずです。


にもかかわらず、「そっとしておいて」と言い、看病を嫌がる場合は本命ではないサインかもしれません。


具合が悪いときに好きな人の顔をみると落ち着きますが、そうでない人には会う気にならないですよね。


ただ、あなたにうつしたくないという彼なりの優しさの場合もあるので、これだけでは決めつけないようにしましょう。


2.手料理を食べたがらない


「男をつかむなら胃袋から」といわれるように、彼女の手料理を食べたい男性が多い傾向にあります。


長く付き合っているのに手料理に興味を示されない場合は、本命の彼女ではない可能性も。


本命彼女の手料理を食べたいというのは、男性の本音かもしれません。


3.家に入れたがらない


お家デートといえば、2人きりでイチャイチャする時間を心置きなく楽しめるとき。


お互いの家に行ったことがないならまだしも、お家デートはいつも私の家ばかり……という場合は黄色信号。


本命の彼女じゃないから家に入れたくなかったり、ほかの女性と同棲していたり、本命じゃないからこそ家に呼べない理由があるのかもしれません。


心当たりはあった?


「本命じゃない女性」へのサインは、男性のささいな行動に隠れていることも。


なにか気になるとことがあったら、彼にそれとなく聞いてみるのも手かもしれません。


お互いの関係をあいまいなままにしないためにも、勇気を出してみてはいかがでしょうか。


(麻生アサ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ