『ミス週刊少年マガジン』天野きき、最強ギャップがまぶしすぎる青春ビキニグラビア

『ミス週刊少年マガジン』天野きき、最強ギャップがまぶしすぎる青春ビキニグラビア

 多数のアイドル・女優・歌手を輩出した名門ミスコン「ミスマガジン2021」の受賞者6人が、11日発売の『週刊ヤングマガジン』46号(講談社)の表紙に登場。巻末グラビアは『ミス週刊少年マガジン』の天野きき(16)が飾った。



【別カット】振り向き…色っぽ表情で美尻を披露する天野きき



 同コンテストは1982年から始まり、今年で39周年と雑誌業界で最も歴史のあるミスコンで、初期には女優の斉藤由貴や細川ふみえなどを輩出。以降も中川翔子、岩佐真悠子、山崎真実、北乃きい、倉科カナ、桜庭ななみ、新川優愛、沢口愛華など、現在も最前線で活躍する女優・モデル・アイドルが多数誕生している。



 応募総数2915名から『ミス週刊少年マガジン』に選ばれた天野は、「ミスマガジン2019」グランプリの豊田ルナも所属するガールズプロジェクト「Shibu3 project」メンバーの現役女子高生。愛くるしすぎるベビーフェイスに、スラリと伸びた手足という最強にギャップに加えて、晴れ渡るようにまぶしい最高の笑顔も魅力的で、正統派グラビアスターとなる可能性を大いに感じさせる。



 また、同号の巻頭グラビアにはグランプリの和泉芳怜(いずみ・かれん/17)、巻末グラビアには『ミスヤングマガジン』の山岡雅弥(やまおか・みやび/16)も登場する。
カテゴリ