男性に聞いた…「おばさん見えしちゃう」ポイントとは?

男性に聞いた…「おばさん見えしちゃう」ポイントとは?

せっかくオシャレしても、それが「おばさん見え」しちゃったら、損ですよね。


でも、どこが「おばさん見え」するポイントなのでしょうか?


そこで今回は、そのポイントについて男性に聞いてみました。




サブバッグ代わりにショップ袋


「ブランドのショッパーを、サブバックとして使ってる人っていますよね。

ああいうの見ると、なんでも再利用しようってところが、おばさんぽいっていうか……。

個人的に好きじゃない」(21歳男性/大学生)


洋服やコスメと買ったときに貰える、お買い物袋。


なかには丈夫なものもあるし、汚れても罪悪感が少なく、多用している女性も少なくありません。


しかし男性のなかには、「なんかケチくさい」「おばさんっぽい」と思う人もいるよう。


そのリスクを避けるためにも、好きな人と会うときは、ショッパーはお家に置いておきましょう。


ほぼすっぴん&カジュアルな服


「メイクして、カジュアルな服を着てたら、オシャレだなって思う。

だけど、すっぴんでこういう服を着ると、とたんに『おばさん感』が出るよね……。

そうすると、一気に手抜き感も増す気がする」(24歳男性/営業)


アースカラーやワイドパンツなど、「あえてカジュアルな服を選ぶ」女性も多いもの。


そこでメイクもラフなすっぴんに近いと、手抜き感から「おばさん見え」することがあるよう。


せめて眉毛とリップくらいは、しっかりとメイク感の出るものを選ぶのが◎。


そのほうが印象も、グッと垢抜けるはずです♡



髪の毛がベタベタ


髪の毛がベタベタ


「髪の毛がベタベタしてると、急におばさんっぽく見える気がします。

あれってヘアオイルのせいなのかな?

分からないけど、髪洗ってないのかなって思っちゃう」(20歳男性/大学生)


ヘアオイルなどスタイル剤って、使い方を間違えると一気に「おばさん見え」してしまうよう。


たしかに、つけすぎると髪がベタベタとした質感になりますからね。


もしうまく扱う自信がない……という場合は、ブローをしてサラサラヘアを目指してもいいかもしれませんね。


少しの工夫で垢抜ける♡


内面を磨くのも大事ですが、とくに初対面の相手なら外見も大事です。


ただ普通の見た目でも、今回ご紹介したようなポイントに気を配れば、一気に垢抜けることもできるはず。


洗練された印象で、「おばさん見え」のイメージを払拭していきましょう!


(和/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ