ずっと一緒に…男性が「将来を考えている彼女」だけにすること

ずっと一緒に…男性が「将来を考えている彼女」だけにすること

恋人同士でも、信頼関係が培われている関係とそうではない関係では、将来も大きく変わってくるもの。


もし、いまの彼と将来に渡って付き合っていきたいと思っているならば、イチャイチャする関係から信頼関係に重きを置いてみるといいかもしれません。


今回は、男性が信頼している「将来を考えている彼女」だけにすることを挙げてみました。




親や友人に公言する


付き合っている彼女のことを、周囲に公言しない男性も多いもの。


そんな男性が、友人や親など、身内に恋人のことを話すとすればよっぽどの相手なのでしょう。それこそ、将来を考えている相手だからこそだと考えていいと思います。


それだけ大事だからこそ、身内に彼女の話をし、場合によっては交流を持たせようと考えているのかもしれません。


また、男性に限らずですが、ふたりで協力して達成できることが増えると相手との絆を実感し、「結婚するならこの人だ」という覚悟も、少しずつ決まっていくもの。


焦って結婚の話を彼にするよりも、まずはふたりの信頼関係を深めることを意識してみてはいかがでしょうか。


たとえば、ふたりで旅行に出かけるとか。入ったことのないお店に入ってみるとか。共有できる時間や思い出があると、きっとふたりの絆も深まっていくはずです。


誰にも言っていないヒミツを打ち明ける


信頼が培われていくほど、プライベートに及ぶ話が増えていくもの。


たとえば家族のこと、仕事のこと。はたまた、一般的にマイナスにとらえられる「人にはいえない恥ずかしいこと」などを打ち明けられるのは、それだけ信頼しているからです。


ヒミツを打ち明けられる相手は、とても貴重な存在です。


時間がかかってもいいので、真面目にゆっくりと恋ができるふたりなら、自然と信頼が培われていくでしょう。



目の前で仕事の電話をする


デート中に仕事の電話がかかってきたら、「ごめん、会社からだ」と、その場から席を外す男性がほとんどではないかと思います。


仕方のないことだとは思いつつも、場合によっては「せっかくのデートが台無し」と感じることもあるでしょう。デートの雰囲気も、若干冷めてしまいがち。付き合いがまだ浅いならなおさらかもしれません。


でも、付き合いも長くなってきて、お互いを信頼できているなら、席を外すのではなくその場で電話を取る男性も多いもの。


「彼女なら外部に漏らすこともないだろうから」と考えているのかもしれません。


もし普段から仕事の話をしている仲なら、電話の内容を知らせたり、愚痴をこぼしたりすることもあるでしょう。


男性が「信頼を置く」ということはすなわち、「どんなことでも話せる間柄である」と言えます。


日ごろから、仕事や趣味、家族のことなど、彼に話したいことがあれば極的に会話をして、ふたりの仲をどんどんと深めてみてくださいね。


彼との結婚を考えているなら


信頼は、何事にも代えがたいものです。


愛情と信頼が合わさったとき、相手はかけがえのない存在になります。


好きな人とそんな関係になれるよう、相手のことを信じながら、時間をかけて付き合ってみてはいかがでしょうか。


(柚木深つばさ/ライター)


(愛カツ編集部)



カテゴリ