イコラブ齊藤なぎさ&大谷映美里、念願の『あざとくて』コンテンツ「夢がかなえられてうれしい」

イコラブ齊藤なぎさ&大谷映美里、念願の『あざとくて』コンテンツ「夢がかなえられてうれしい」

 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太、フリーアナウンサーの田中みな実、テレビ朝日アナウンサーの弘中綾香がMCを務めるテレビ朝日系バラエティー『あざとくて何が悪いの?』(毎週土曜 後9:55※一部地域除く)。



【写真】あざとさ満点の=LOVEの齊藤なぎさ&大谷映美里



 同番組と「au5G」がタッグを組んで制作した「あざとマルチアングル・コンテンツ」も配信中。第1弾として先月から配信されているモニタリング・ミニドラマ(前編『お昼のBBQ編』・後編『チルな夜編』)では、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの神谷健太&藤原樹が、あざと男子を熱演している。



 15日から、新タイトルも登場する。新作では、指原莉乃プロデュースのアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」から齊藤なぎさ&大谷映美里が参戦。複数のカメラをユーザーが自由に選択して楽しめる「あざとマルチアングル・コンテンツ」ならではの新企画2本で、最強あざと女子に変身する。



 『知らない方が良かった? あざと配信女子の裏側』では、齊藤が自宅で、あざと配信ライブにいそしむ女子・ミクを演じることに。『あざとくて何が悪いの?』でも何度か取り上げてきた、あざと配信ライブで、今回はマルチアングルを利用し、特別にあざと配信の裏側をのぞくことができる。



 この企画で選択できる画面は4つ。1つ目は配信画面となるが、それ以外は配信をしている場所以外の部屋をガッツリ撮影。ミクが配信ライブの裏でどんな行動を取っているのか。見たいような、見たくないような、あざと女子の禁断の裏の顔を堪能できる。さらに、齊藤と大谷が映像を見ながら同時解説を展開し、裏話満載のオフトークを大放出する。



 一方、大谷は『アサミともしもこんなシチュエーションになったら』と題した選択式マルチアングル・コンテンツで、あざと女子・アサミを変幻自在に演じる。この動画では、「飲み会」「付き合う手前の初ご飯」「会社の会議」という各シチュエーションで、大谷が、あざといリアクションを3パターンずつ展開。視聴者は3つの選択肢から、見たいリアクション画面を選ぶことができる。



 特筆すべきは、どのリアクションもカメラ目線となること。このコンテンツでは視聴者自身が、アサミといい感じになる相手役・佐藤くんになりきることができる。上品系、S系、天然系、元気系、ナチュラル系、謎系、控えめ系、クール系、妹系と、さまざまなニーズを全方位網羅。その時々の気分で選択画面を変えれば、飽きることなく何度も楽しめる。どこまでも無限に広がる2人だけのあざとい世界が体感できる。



■コメント

【齊藤なぎさ】

 みりにゃ(=大谷映美里)がいろんな媒体で「『あざとくて何が悪いの?』に出たい」と言ってるのをすごく見かけていたし、2人で「出たいね」と話していたので、こうやって一緒に夢がかなえられて、うれしいです! 今回、私は、あざと配信ライブの裏側を演じたんですけど、撮影中は複数のカメラでずっと撮られているので、気が抜けない! 360度見られてる感じがある中、ずっと役を演じなきゃいけないので大変でした。でも、私自身も結構おうちから配信することが多いので、共感する部分やクスッとする部分もあって楽しかったです。



 今回は、本当にあざとくてかわいい女の子を演じさせていただいています。皆さんにはおうちでくつろいでいる気分で楽しんでいただきたいので、ご飯を食べながら気軽に見てもらえたらなって思います。みりにゃの選択式マルチアングル動画も、いろんなみりにゃが見られて最高ですよ!



【大谷映美里】

 前に、なぎさと一緒に「将来、『あざとくて何が悪いの?』に出たいね」って話してたんですよ。だから「夢がかなった!」という感じで、めちゃめちゃうれしいです。私は選択式マルチアングル・コンテンツで、いろんな系統のあざとさを演じさせていただいたんですけど、それぞれのあざとさに奥深さがあるんだなって思いました(笑)。あと、今回は視聴者の皆さんに相手役の男性の気分を味わっていただくコンテンツなので、目線も意識もカメラに向けて演技したんです。なので、撮影中は思わず照れちゃったりもしたんですけど(笑)、何パターンものあざとさを一生懸命演じたので、ぜひ皆さんにも相手は自分だと思って見ていただけたら、うれしいです。



 なぎさが演じる配信ライブの裏側も、すっごくかわいいですよ! 私も同時解説の収録のときに見て「あ~、あざといな~!」って、キュンとしました(笑)。
カテゴリ