今から気になる!ホリデーシーズン&バレンタインのチョコレート。Minimalの“冬季限定・生チョコ”2種に注目


日本発のチョコレート専門店「Minimal - Bean to Bar Chocolate -」(ミニマル)から、冬限定「生チョコレート」2種が登場。



ホリデーシーズンの贈り物にもぴったりなスイーツは、東京にある富ヶ谷本店と代々木上原店の2店舗と、オンラインストアにて購入できます。



濃厚ながらも切れの良い『生チョコレート -ニカラグア-』





この度「Minimal」から発売されるのは、シングルオリジンの『生チョコレート -ニカラグア-』と『生チョコレート ホワイト -ガーナ-』の2種類。





毎年人気だという『生チョコレート -ニカラグア-』(税込1990円)は、濃厚ながらも切れの良い後味なのだとか。



使用されているニカラグア産カカオ豆は、この生チョコレートのためだけに現地で発酵・乾燥の工程を調整したというこだわりの逸品だといいます。



また、最小限の材料でつくられているため、チョコレートのコクと複雑な香りが存分に感じられるようですよ。



【発売日】

オンラインストア:初回はサブスク会員限定販売

店頭:11月9日(火)

【販売期間】:2022年3月頃までを予定

【販売場所】オンラインストア・富ヶ谷本店・代々木上原店



甘いスパイシーさを感じる『生チョコレート ホワイト -ガーナ-』





『生チョコレート ホワイト -ガーナ-』(税込1990円)は、なめらかでリッチな仕立てながらも、驚くほど軽やかな生チョコレートなのだそう。



ミルクや砂糖の甘さを感じた後に、ガーナ産カカオ豆のバニラのような甘いスパイシーなフレーバーへと変化してゆくから、飽きずに味わえるといいます。



甘さを感じつつも重たすぎず、軽やかなのが嬉しいですよね。



【発売日】

オンラインストア:初回はサブスク会員限定販売

店頭:1月中旬頃を予定

【販売期間】:2022年3月頃までを予定

【販売場所】オンラインストア・富ヶ谷本店・代々木上原店





コクとスパイシーさを感じる、2種類の生チョコレートは、両方購入して食べ比べてみるのも楽しいかも。



オンラインストアで購入することもできますが、富ヶ谷本店と代々木上原店の2店舗はどちらもカフェスペースが併設されています。



チョコレートはもちろんコーヒーやパフェも味わえるので、こちらもおすすめですよ。



Minimal 公式サイト

https://mini-mal.tokyo/



Minimal 店舗情報

https://mini-mal.tokyo/pages/access



カテゴリ