SEVENTEENが4ヶ月ぶりカムバック会見 中国活動中の2人に「会いたいよー」

SEVENTEENが4ヶ月ぶりカムバック会見 中国活動中の2人に「会いたいよー」

 韓国の13人組グループ・SEVENTEENが22日、9thミニアルバム『Attacca』発売記念のグルーバル記者会見を韓国で開催した。コロナ禍で年内はJUN(ジュン)とTHE8(ディエイト)が中国での活動に専念しているため、11人で会見に臨んだ。



【写真27点】SEVENTEENがカムバック会見 メンバーソロショットも



 前作から4ヶ月という早期カムバックとなり、統括リーダーのS.COUPS(エスクプス)は「4ヶ月ぶりに9枚目のミニアルバム『Attacca』でごあいさつすることになりました。短い期間内によい音楽をお聞かせすることができて、とてもワクワクしていますし、うれしいです」とコメント。「全世界のCARAT(SEVENTEENファン)の皆さんが喜んでくださるいろんな活動が予定されていますので、楽しみにしていてください」と予告した。



 今作についてWOOZI(ウジ)は「(タイトルの)『Attacca』は、楽章と楽章の間を切れ目なく演奏するという意味を持つ音楽用語です。相手に対する抑えきれない愛の感情、止められない情熱的な心を『Attacca』という言葉に例えて表現しました。より大胆に熱くアプローチする、SEVENTEENのさまざまな愛の形を期待していただきたいと思います」と説明した。



 会見ではタイトル曲「Rock with you」のミュージックビデオが解禁となった。JEONGHAN(ジョンハン)は「ロック基盤の曲です。SEVENTEENの深まった感情と情熱的なパフォーマンスを盛り込んだ曲です。愛する相手といつも一緒にいたいという気持ち、そして“君”のためならどんなことでもできるという“僕”の感情を盛り込んだ歌詞です」と解説。



 ポイントとなる振り付けについて、パフォーマンスチームのリーダー、HOSHI(ホシ)が「曲がくれるエネルギーをたくさん盛り込もうと考えました。誰でも簡単にまねして踊れるポイントダンスを作ってみました」と語ると、真ん中に出てきたDKがメンバーの歌に合わせてポイントダンスを披露するサービスも。HOSHIは「このダンスにはまだ名前がついていないので、記者の皆さんつけてください」と呼びかけた。



 7曲目には、アメリカ出身のJOSHUA(ジョシュア)とVERNON(バーノン)のユニット曲として、初の英語曲「2 MINUS 1」(デジタル限定トラック)が収録される。VERNONは「僕とJOSHUAさんで初めて英語曲披露することになりました。別れの傷と悲しい感情を明るいメロディーで相反するように表現した曲です。僕たちの初めての英語曲であるだけに全世界の皆さんに応援していただけたら」と伝えた。



 アルバムの作業には13人全員が参加したものの、年内は韓国での活動は11人体制で行う。SEUNGKWAN(スングァン)は「僕たちはデビュー当時から13人で活動してきたので、2人のメンバーの空席を感じることは当然です。活動だけでなく日常生活もいつも一緒だったので。今もビデオ通話をしていますし、連絡は取っています。2人も中国で頑張って活動しているので、お互い頑張りたいと思います」と胸中を吐露。



 MINGYU(ミンギュ)も「いつも会いたいですし、ずっと連絡を取っています。今はお互い任せされた場で頑張ることにしましたので応援しています」とJUNとTHE8にエール。WONWOO(ウォヌ)は「JUNさんとTHE8さんと一緒に活動していると思っています。2人は中国に行く前にコンテンツをたくさん準備してくれました」と語った。有観客コンサートへの展望についてはDINO(ディノ)が「前向きに検討している状況です。早くCARATの皆さんに会いたいです。もう少しだけ元気を出してください」とファンに伝えた。



 2015年にデビューし、6周年を迎えたSEVENTEENは、7月にはメンバー13人全員が現事務所と早期再契約を結んだ。HOSHIは「今回の全員の早期再契約は僕たちSEVENTEENにとっても、大人としての一歩を踏み出せた成長の過程になったと思います。SEVENTEENとして、チームとしてターニングポイントにもなったと思います。これからも強固になった絆をもって、新しい姿をお見せするように頑張っています。よい姿、よい音楽、ステージでお応えしたいと思います」と意気込み。



 DKは「2021年は貴重な年として記憶に残ると思います。13人のメンバー全員が一緒にいられることに感謝していますし、それぞれの場所でベストを尽くしながら、僕たちがお聞かせするアルバムで多くの方々にいい影響を与えられることが幸せです」と喜びをかみしめ、会見の最後にメンバーは「THE8さん、JUNさん、会いたいよー」と映像を通して呼びかけた。

カテゴリ