木崎ゆりあ、所属事務所と契約終了 心身ともに体調すぐれず「芸能活動を当面休養」

木崎ゆりあ、所属事務所と契約終了 心身ともに体調すぐれず「芸能活動を当面休養」

 元AKB48でタレントの木崎ゆりあ(25)が所属事務所との契約を終了することを23日に発表。心身ともに体調がすぐれず、芸能活動も当面休養することもあわせて事務所が報告した。



【写真】舞台では木崎ゆりあ&味方良介の抱擁シーンも



 所属するトライストーン・エンタテイメントの公式サイトでは「木﨑ゆりあ 契約終了のお知らせ」というエントリーで「この度、木﨑ゆりあが弊社との契約を終了いたしましたことをお知らせします。ここ数年、芸能活動をしている中で心身ともに体調がすぐれないことがたびたびございました。今後のことを考えまして、2021年10月31日をもちまして契約を終了することになりました。それに伴いまして芸能活動を当面休養させていただきます」と発表した。



 続けて「長年に渡り応援してくださったファンの皆様、関係者の皆様には心から感謝御礼申し上げます。そして、突然の発表になりましたことをお詫び申し上げます」とつづると「今後の木﨑ゆりあにつきましては体調のことも考え、休養を必要としますので、ご取材やSNS等での書き込みなどにつきましては、お控え頂けますよう何卒よろしくお願い申し上げます」と呼びかけた。



  木崎は、2009年にアイドルグループ・SKE48に第3期生として加入。2014年、AKB48に移籍し、2017年に卒業。その後、女優として活動していた。
カテゴリ