たい焼きなのに酔っぱらう!? 新感覚リキュール「酔うたい焼き」が新発売

たい焼きなのに酔っぱらう!? 新感覚リキュール「酔うたい焼き」が新発売


総合酒類メーカーの明利酒類は、「酔う」シリーズの第2弾となる新感覚リキュール「酔うたい焼き」を、10月29日(金)から全国のスーパーマーケット、酒販店、公式オンラインショップにて販売した。メーカー小売希望価格は980円(税別)。

たい焼きを食べた時の生地感とあんこの調和


明利酒類は、茨城県水戸市の総合酒類メーカーで、江戸時代末期の安政年間に創業した加藤酒造店が前身。現在は、日本酒、梅酒、焼酎、ジン、ウォッカ、リキュールなど、個性あふれる酒類を国内外へ展開している。


今回登場する「酔うたい焼き」は、焼きたてのたい焼きの皮の香ばしさと、上質なあんこの風味が口の中に広がる、これまでにない新感覚のリキュール。ただの“あんこのお酒”ではなく、たい焼きを食べたとき薄皮の後にあんこを感じるように、生地感とあんこの調和にこだわり抜いている。

同商品で使用するのは、日本のあずきの3大産地の一つである北海道十勝産のあずきを原料とした「こしあん」。40回以上の試作の結果、開発メンバーから「これ、たい焼きじゃん!」と歓声が上がったのだそう。

牛乳やバニラアイスと合わせて楽しむ



“たい焼きなのに酔っぱらう”を目指した同商品は、ストレートで味わうほか、牛乳で割ったり、スイーツと組み合わせたりと、たくさんの楽しみ方ができる。

牛乳で割る際には、2:1でたい焼きの濃厚な甘みが、3:1で調和のとれた「たい焼きミルク」がそれぞれ楽しめる。なかでも、ホットミルクで割る「たい焼きホットミルク」は、たい焼きの焼きあがったばかりの温かみまで感じられるので、特におすすめ!


このほか、バニラアイスにかけたり、最中アイスと組み合わせたりして、リラックスタイムのスイーツとして楽しめるのもポイント。世にも珍しい“酔うスイーツ”だ。

「酔う」シリーズ第1弾「酔う焼き芋」もチェック!



また、2020年10月発売の「酔う」シリーズ第1弾「酔う焼き芋」は、茨城県産さつまいもを使用し、焼き芋の甘さや濃厚さを引き出した新感覚リキュール。「酔うたい焼き」と飲み比べてみるのもおすすめだ。

新感覚リキュール「酔うたい焼き」で、たい焼きの皮の香ばしさとあんこの味わいを、ほろ酔い気分で楽しんでみては。
カテゴリ