田園調布「SAVEUR」の洋菓子が、今の気分にぴったりでした。どこか懐かしさを感じる味の虜になりそうです


おうち時間が増えた今、家庭で食べられるテイクアウトの需要が高まっていますよね。



自分へのご褒美や手土産に、あるいは誰かと一緒に楽しむにもぴったりな、ケーキをはじめとした洋菓子を販売しているお店があるんです。



今回は、東京・田園調布にある、テイクアウト専門の洋菓子店「SAVEUR(サヴール)」をご紹介します。



田園調布・SAVEUR





@gohan_minmin / Instagram



2020年10月にオープンした「SAVEUR」は、洋服ブランド「YAECA(ヤエカ)」がプロデュースする洋菓子店。



SAVEURの1階では洋菓子を、2階では東京・白金高輪の「YAECA HOME STORE(ヤエカホームストア)」に置かれている、YAECAのフード部門「PLAIN BAKERY(プレーンベーカリー)」の焼き菓子やジュースなどを販売しています。



白を基調としたシンプルな内装が、洗練されたおしゃれな雰囲気を放っているテイクアウト専門店。



フランス語で「風味」を意味するSAVEURでは、どこか懐かしさを感じるような、あたたかみのある商品がラインナップされています。



外せないのはバターケーキ





@ai0404_rinran / Instagram



SAVEURの定番商品といえば、こちらの「ガトー・ア・ラ・クレーム」(1ピース500円台~​​​​​​)。



周りのバタークリームは、しっかりとバターの味がしながらも、くどくない口当たりがやみつきになるおいしさなんだそう。



1ピースから販売されているので、頑張った日の自分へのご褒美に、ぴったりかもしれません。



季節ごとに限定のフレーバーも販売されているので、チェックしてみてくださいね。



"シンプル"なケーキ





@mi____m.____.blue / Instagram



こちらの「ガトー・オ・ブール」も要チェックです。



塩が効いたバターの風味を味わうケーキは、シンプルな材料で作られた素朴な味わいを感じることができるんだそう。



おうちでのゆっくりとしたカフェタイムに、ぴったりのケーキかもしれませんね。



包装紙にも注目





@tmk___31521 / Instagram



包装紙やボックスには、画家の牧野伊三夫さんのイラストがプリントされています。



手土産にするのにもぴったりなかわいさですよね。



今一番食べたい、「SAVEUR」の洋菓子





@ssssgram_st / Instagram



洋菓子店「SAVEUR」をご紹介しましたが、いかがでしたか?今回ご紹介した以外にも、美味しそうな商品がラインナップされています。



電話もしくはメールでのお取り寄せ販売もスタートし、直接お店に行けない方も手に入れることができるようになりました。



ぜひ、SAVEURの洋菓子を味わってみてくださいね。



SAVEUR

住所:東京都大田区田園調布2-51-1

営業時間:10:00~19:00

定休日:水曜

公式サイト:http://saveurbonjour.com/





カテゴリ