櫻坂46、日本武道館で1周年“アニラ”2days開催決定

櫻坂46、日本武道館で1周年“アニラ”2days開催決定

 アイドルグループ・櫻坂46が10月31日、さいたまスーパーアリーナで昨年10月に改名後初の全国アリーナツアー『櫻坂46 1st TOUR 2021』(4ヶ所計9公演)千秋楽を有観客と生配信で行い、12月9・10日の2日間、東京・日本武道館で櫻坂46『1st YEAR ANNIVERSARY LIVE』を開催することを発表した。



【ライブ写真35点】渡邉理佐センター曲、森田ひかるのソロダンスも



 櫻坂46は2020年10月14日に欅坂46から改名。同年12月9日に1stシングル「Nobody’s fault」をリリースし、まもなく1周年を迎える。



 アンコールでは、キャプテンの菅井友香が「皆さんにお知らせがあります。モニターを御覧ください!」と声を弾ませると、モニターにはグループ改名が発表された渋谷スクランブル交差点が映し出され、「衝撃の改名から1年」「冬の季節に、満開の桜が咲き誇る」の文字に続いて、櫻坂46『1st YEAR ANNIVERSARY LIVE』が12月9・19日に日本武道館で開催することが発表された。



 キャプテンの菅井友香は「櫻坂46のANNIVERSARY LIVEの開催が決定しましたー!」と声高らかに発表。改名前はデビュー曲「サイレントマジョリティー」発売日の4月6日に開催してきたことから、冬の開催に「新鮮だね~」と笑顔をみせると、「私たちの1歳の誕生日に思い切り成長をお見せしたいですし、これからの櫻坂に期待できるなと思ってもらえるようなライブを届けたいと思っています。みなさん、来てくれますか?」と呼びかけ。会場のファンはスティックバルーンをたたいて返答した。



 このライブには、3rdシングル「流れ弾」の活動をもって卒業することを発表している1期生の守屋茜と渡辺梨加も出演することが発表された。
カテゴリ