『ボバ・フェット』賞金稼ぎが闇の世界の支配者へ!? 特報&新ビジュアル

『ボバ・フェット』賞金稼ぎが闇の世界の支配者へ!? 特報&新ビジュアル

 ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)」のオリジナルシリーズ『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』(12月29日 後5:00~独占配信開始)の初めての映像となる特報と新キービジュアルが解禁された。特報では、いままさに“スター・ウォーズ史上最強の賞金稼ぎ”が“闇の世界の支配者”への階段を上り始める姿を映し出し、新キービジュアルには彼と行動を共にするフェネック・シャンドが並ぶ。



【動画】『ボバ・フェット/The Book of Boba Fett』特報



 『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』で初登場したキャラクター、ボバ・フェットは、特注のマンダロア・アーマーや殺傷能力の高い武器を駆使する 傭兵であり、シスの暗黒卿ダース・ベイダーや闇の世界を支配する犯罪王ジャバ・ザ・ハットに認められ、銀河に名を轟かせる伝説の賞金稼ぎ。今回ドラマの舞台は『エピソード6/ジェダイの帰還』のその後。ボバ・フェットが、かつてジャバ・ザ・ハットが統治した惑星タトゥイーンの<闇>の支配へと乗り出す。



 公開された特報で「俺は賞金稼ぎじゃない」と明言。そして「ジャバは恐怖で支配した。俺は敬意をもって支配する」と宣言する。『エピソード6/ジェダイの帰還』でルーク ・スカイウォーカー やハン・ソロとの戦いの最中に命を落としたと思われていたが、ディズニープラスで独占配信中の『マンダロリアン』(チャプター14:悲劇 (シーズン2・第6話) で再び登場したボバ・フェット。伝説のキャラクターの帰還はスター・ウォーズファンを驚かせ、さらに最終話のエンドクレジット後には、タトゥイーンにあるジャバ・ザ・ハットの玉座を奪うシーンが映し出され闇の世界での暗躍が示唆されるビックサプライズも。



 ジョージ・ルーカスが「人気が出ると知っていたらもっと活躍させたかった」と公言するほど高い人気を獲得し、このほど『エピソード6/ジェダイの帰還』以降も生存していることが判明した賞金稼ぎ、ボバ・フェット役にテムエラ・モリソン、クローン戦争終結後を描く『スター・ウォーズ:バッド・バッチ』にも登場した危険な暗殺者フェネック・シャンド役にミンナ・ウェンがそれぞれ出演。



 ド派手な戦闘アクションはもちろん、「スター・ウォーズ」らしいさまざまな異星人の登場、そして何よりも “完璧な『スター・ウォーズ』”の世界観で描かれる新たな物語。根強い人気を誇るボバ・フェット単独主演作品としてファンの期待は高まるばかりだ。

カテゴリ