11月11日は「チンアナゴの日」!京都水族館でイベント開催&限定メニュー登場

11月11日は「チンアナゴの日」!京都水族館でイベント開催&限定メニュー登場


京都水族館は、11月11日の「チンアナゴの日」を記念して、11月5日(金)~30日(火)の期間、チンアナゴの生態の魅力に迫るイベント「11月11日はチンアナゴの日2021」を開催する。

「チンアナゴの日」とは


「チンアナゴの日」は、チンアナゴが砂の中から体を出している姿が数字の「1」に似ていることから、1年間で日付に最も「1」が多い11月11日を「チンアナゴの日」として、同館と同じオリックスグループのすみだ水族館が2013年に一般社団法人 日本記念日協会へ申請し、認定されたもの。

チンアナゴをモチーフにしたメニュー


京都水族館では毎年、「チンアナゴの日」に合わせて、もっと身近にチンアナゴを感じてもらえるよう企画を実施。今年は、飲食メニューに力を入れ、チンアナゴやニシキアナゴをテーマにした2品が登場する。


全長30センチ以上あるチンアナゴの長いからだをモチーフに制作した、長さ40センチ以上の特大パン「なが~い!チンアナゴパン」「なが~い!ニシキアナゴパン」1個590円(税込)、2個1,111円(税込)をそれぞれ数量限定で販売するほか、


砂からからだを出したチンアナゴとニシキアナゴを再現した「にょきっと!チンアナゴ&ニシキアナゴパフェ」690円(税込)を数量限定で販売する。

瞬間をとらえた貴重な映像を公開




また、昨年に引き続き、チンアナゴの生態を解説する「教えて!チンチャンネル2021」を、交流プラザの約150インチの大型モニターで放映。

チンアナゴのからだの仕組みや、全身を砂から出して泳ぐシーン、チンアナゴ同士で威嚇しあうシーン、うんちをする瞬間など、貴重な姿をとらえた映像を、わかりやすい解説を交えて紹介している。


映像の最後には、フォトタイムを設定し、画面に映し出されたチンアナゴやニシキアナゴと同じ水中空間にいるような、とっておきの記念写真を撮影できるのもポイント。

睡眠導入ライブ中継も実施



さらに、睡眠導入ライブ中継「チンアナゴとねむリウム」という企画も実施。

「ねむリウム」は、いきものを見ながら快適な眠りへ導くことを目指し、館内からいきものたちの夜のようすをライブ中継するイベント。今回は「チンアナゴとねむリウム」と題し、すみだ水族館のチンアナゴの夜のようすをライブ映像で閲覧することができる。

巣穴から顔を出す約300匹のチンアナゴのなかまたちが水槽の中でのんびりとしたリズムで揺れるようすを眺めながら、ゆったりした気持ちで眠りについて、「チンアナゴの日」を締めくくれそう。

実施日時は11月11日(木)22時00分~24時00分で、料金は100円(税込)。詳細については、「チンアナゴとねむリウム」特設ページをチェックしてほしい。

チンアナゴ、ニシキアナゴ好きにはたまらないイベント。興味がある人は足を運んでみて。
カテゴリ