隠れた名品がずらりと並ぶときめきの空間。QOLを上げたいなら、渋谷の“忘れ物保管所”を覗いてみて


洋食器メーカー「NIKKO(ニッコー)」が展開するジェネラルストア「LOST AND FOUND(ロストアンドファウンド)」



ショールーム機能も備えた旗艦店が、11月6日(土)、渋谷・富ヶ谷にオープンします。



隠れた“良いもの”が見つかる「忘れ物保管所」って?





「LOST AND FOUND」は、長く愛用できる日用品の数々を扱うジェネラルストア。



これまで世界中のホテルやレストランで使われる洋食器を生産してきたNIKKOが、その確かな品質と品位を保ちながら、人々のより豊かな暮らしを創造するプロジェクトとしてスタートしました。



“忘れ物保管所”を意味する名前の通り、世の中に溢れた多くのものや、時代の流れに埋もれてしまった“良いもの”が見つかる場所として、2021年5月のECサイトオープン以来、話題を集めているお店です。



「LOST AND FOUND」旗艦店が渋谷・富ヶ谷にオープン!





このたび渋谷・富ヶ谷にオープンする旗艦店では、ストアとショールーム、両方の機能を完備。



世界中から厳選した日用品をはじめとする約800点のアイテムを販売し、ショールームではNIKKOのアイテム約400点を揃えるといいます。





旗艦店のエントランスへ入ると、NIKKOのテーブルウェアコレクション「REMASTERD(リマスタード)」の商品を含む日用品がずらり。





「REMASTERD」は、NIKKOがこれまで生み出してきた洋食器のアーカイブの中から、“いつの時代でも使い続けることのできるアイテム”を選抜した、新しいコレクションです。





さらにアーチ型の通路を抜けると、NIKKOの約400点ものアイテムが並ぶショールーム兼ストアへと繋がっています。



商品のセレクトを担当したのは、暮らしの道具や生活雑貨を取り扱う代々木上原「Roundabout(ラウンダバウト)」と吉祥寺「OUTBOUND(アウトバウンド)」のオーナー、小林和人さん。



“年代や性別を問わず、愛着と共に長く使い続けることができる道具”が見つかるみたいですよ。





地下にはキッチンスタジオを備えたショールームが広がります。



イベントスペースや撮影スペースとしてなど、“発信基地”としての役割も担う予定なのだとか。





毎日使うアイテムこそ“良いもの”を揃えて、暮らしの質を上げたいですよね。



新生活をスタートする方や、日用品の新調を考えている方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう?



お出かけの際は、万全の感染対策をお忘れなく。



LOST AND FOUND

住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-15-12 1階

営業時間:11:00〜19:00

定休日:火曜日

ECストア:https://lost-found-store.jp





カテゴリ