京都国立近代美術館で「キュレトリアル・スタディズ15:八木一夫の写真」を開催!

京都国立近代美術館で「キュレトリアル・スタディズ15:八木一夫の写真」を開催!


京都国立近代美術館は11月11日(木)~2022年1月16日(日)の期間、「キュレトリアル・スタディズ15:八木一夫の写真」を開催する。

100点の写真を紹介



前衛陶芸家集団の走泥社の一員として戦後の陶芸界を牽引した八木一夫氏。しかし、八木氏が1960年代の前半から中期にかけて意欲的に写真を撮っていたことはあまり知られていない。残されている膨大な数の写真からは、陶芸家としての経験に基づく、対象に向けた優しさやユーモア、諧謔味あふれる八木氏のまなざしをはっきりと感じることができる。同展覧会では100点の八木氏の写真を通じて知られざる作家の一面を紹介する。

みどころ



同展覧会のみどころは、前衛陶芸家 八木一夫氏の写真100点をまとめて公開する初めての展覧会であるという事。自身の陶芸作品を作家自ら撮影した写真からは、八木氏の造形思考を垣間見ることができる。また、風景写真には、独自の目線でとらえた懐かしい日本の姿が映し出されている。

写真集の発売も



同展覧会の開催にあわせて、写真集「カメラを手にした前衛陶芸家 八木一夫の写真」1,760円(税込)を発売する。関連作品を含む約220点を掲載した写真集は「京都散歩」「旅先」「紀行」「自作」「家族の肖像」の5つの章から構成されている。「紀行」には、現存する八木自製の写真集(スクラップブック)に残された人間味あふれる言葉が添えられ、作家をより身近に感じることができる。

同書は、京都国立近代美術館1Fミュージアムショップと通販にて購入できる。

「キュレトリアル・スタディズ15:八木一夫の写真」の観覧料は一般430円(220円)、大学生130円(70円)、高校生以下・18歳未満・65歳以上は無料。また、心身に障がいのある人と付添者1人、母子家庭・父子家庭の世帯員の人は無料だ。( )内は20人以上の団体の金額。

開館時間は午前9時30分~午後5時(金・土曜日は午後8時まで)、入館は閉館の30分前まで。

休館日は月曜日および12月28日(火)~2022年1月3日(月)。ただし1月10日(月)は開館。

興味のある人は「キュレトリアル・スタディズ15:八木一夫の写真」に訪れてみては。

■「キュレトリアル・スタディズ15:八木一夫の写真」
会場:京都国立近代美術館

※観覧無料の場合は入館の際に証明できるもの提示を。
※同料金でコレクション展も観覧できる。
カテゴリ