【実食】たまには贅沢してもいいよね。白トリュフを使った「ミスチ」はやっぱり間違いないおいしさでした…


2020年の秋、2日間限定で販売されて話題になった、“白トリュフ”を使用したMr. CHEESECAKE(ミスターチーズケーキ)のフレーバー「Mr. CHEESECAKE white truffle(ミスターチーズケーキ ホワイト トリュフ)」。



いつもよりもお高め価格にも関わらず、注目を集めていました。



そんな高級フレーバーが、今年も登場!11月12日(金)から2日間のみ、完全受注生産で販売されるんです。



今回は特別に、一足早く気になる中身をご紹介しちゃいます。



シンプルで高級感のあるたたずまい…





栗と紅茶マンゴーとパッションフルーツなど、さまざまな素材を組み合わせ、より素材のおいしさを引き出してきたミスターチーズケーキ。



いつもは“足し算”や“かけ算”で唯一無二のフレーバーを生み出していますが、今回の「ミスターチーズケーキ ホワイト トリュフ」(税込2万1600円)では、「シンプルに白トリュフの香りを活かす」ことを意識して、“引き算”で仕上げているそうです。



普段なら足すものをあえて引くことで、より香りを際立たせているのだとか…。





素材の香りを活かすために、とことんシンプルに。



削ってすぐに香りが抜けやすく、加熱に弱いという白トリュフの特性から、いつもの製造過程を少し変え、冷めていく瞬間に香りが馴染んでいくように仕上げたといいます。



ふわっと香る優しい甘さ





ケーキを箱から取り出すと、ふわっと芳醇な香りが漂ってきます。いつもはチーズケーキらしい酸味も感じられますが、今回はどちらかというと“甘い”香りが特徴かも。



こんがりと焼けた表面を見るだけで、おいしそうなのが伝わってきますね!





「ミスターチーズケーキ ホワイト トリュフ」は、半解凍〜全解凍で食べるのがおすすめとのこと。



解凍後に切り分けるのは少し難しいため、少し凍った状態でカットをしておくと良さそうです◎





ケーキ1本につき、希少な白トリュフが10gも入っているということもあり、切った途端からさらに香りの濃度が増したような…。



食べる前のこの瞬間から、ぜひ存分に香りを楽しんでくださいね。



甘く優しい香りの虜になりそう





一口食べてみると、とろとろのチーズケーキが口のなかにじんわりと広がっていきます。芳醇な香りとバニラの優しい甘さが口いっぱいに感じられて、なんとも贅沢な気分…。



通常“トリュフ味”のお菓子などは、香りが人工的だったり強すぎたりするものもありますが、こちらはソフトで自然なのが特徴。



スイーツでありながら、コース料理に出てくる冷菜のような、完成度の高さに驚きです。





酸味や塩気が抑えられているため、アクセントとして塩をひとつまみかけて食べるのも、おすすめなんだそう。



もっと特別感をアップさせたい方は、ペアリングとして提案されている「ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2003 プレニチュード 2」を用意してみて。



たまには自分へのご褒美にいかが?



こちらの限定フレーバーは、11月12日(金)午後8時から11月13日(土)午後11時59分まで、公式サイトにて完全受注生産にて販売。



お届け予定は、11月中旬〜11月下旬だといいます。



この時期にしか味わえない高級食材“白トリュフ”を、堪能してくださいね。



Mr. CHEESECAKE 公式サイト

https://mr-cheesecake.com/







カテゴリ