“足を包む”ような履き心地って何?カジュアルさんに大人気のモカシンシューズ「ワラビー」が今アツいんです


秋冬の定番シューズといえば、真っ先に思いつくのがブーツ。



しかし、「どうしても履いていて疲れてしまう…」もしくは、似たり寄ったりのものが多く「もっと差別化できるアイテムがあったらいいのに…」と思ったことはありませんか?



そこでおすすめしたいのが、シューズブランド“Clerks(クラークス)”の「Wallabee(ワラビー)」。モカシンスタイルのショートブーツで、カジュアル派さんに人気のおしゃれアイテムなんです。



シンプルだけどユニークなデザイン





@mpg.horii__ / Instagram



1825年から続くイングランド発のシューズブランド“クラークス”は、靴のエキスパートとも呼ばれる老舗。靴を履くものではなく、“包む”ものとして考え、快適さを追求しています。



そんなブランドで1966年に誕生したのが、ユニークなモカシンスタイルが特徴の「Wallabee」。種類によって異なりますが、お値段は2万5000円前後です。ロックスターやポップアイドルなど様々な人から愛され、90年代リバイバルファッションがブームになっている今、再注目されています。



ずっと履けちゃう心地よさ





@egg__6 / Instagram



“ワラビー”という商品名は、カンガルーの小型有袋類ワラビーから命名されたんだそう。子どもをお腹の袋に入れて大事に育てるように、足を優しく包み込んでくれるシューズなんです。





@yuki__makino / Instagram



そんなワラビーですが、現在の生活に合わせて新しくなった「Wallabee 2(ワラビー2)」も人気。



快適性と耐久性を高めたデザインになっていて、ルーズすぎず窮屈すぎないフィッティングが特徴です。スエードのアッパーが足を包み込むことで、リラックスした履き心地を実現しています。



また、クレープソールの弾力性が適度な返りをサポートしてくれるため、とにかく歩きやすいんだとか。「秋冬シューズの定番はこれ!」という、愛用者も多いんですよ。



カジュアルスタイルにマッチ





@hrk0125 / Instagram



スエード素材を使用したワラビーは、カジュアルな服装にとってもマッチします。「本当はスニーカーを合わせたいけれど、季節感が出せるアイテムがいいな…」という時に良いかもしれません。



また、落ち着いた色味を取り入れてみるなど、カジュアルさの中にもナチュラルな雰囲気を取り入れるのがポイント。ワラビーがより馴染みやすくなり、まとまったコーデになりますよ。



スカートでもかわいい





@kyon_amn / Instagram



“カジュアル”と聞くとパンツのイメージがありますが、もちろんスカートと合わせるのもおすすめ。かわいらしさは残しつつ、少しメンズっぽさがプラスされることで、抜け感のある印象になります。



写真のように、ボーダーやスウェット素材を取り入れると、ナチュラルな雰囲気が引き立っておしゃれですよ。



今年の秋冬は「ワラビー」が欲しい!



今回ご紹介したワラビーは、カジュアルテイストのおしゃれさんがこぞって買う定番アイテム。



「Wallabee」や「Wallabee 2」の中にも、くるぶしより下のローカット丈、くるぶしより上のアンクルブーツ丈、厚底のアイテムなど様々なデザインが展開されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。





カテゴリ