愛知県蟹江町で「第2回サイクルフェス-ミニベロ編-」を開催

愛知県蟹江町で「第2回サイクルフェス-ミニベロ編-」を開催


愛知県蟹江町では、シティプロモーションの一環として、町内の自転車部品ブランド「GOKISO」を手掛ける近藤機械製作所と名古屋市のミニベロ専門店「GO CYCLE」協力のもと、子どもから大人までみんなで楽しめるイベント、「第2回サイクルフェス-ミニベロ編-」を開催する。

第2回となるサイクルフェス


第2回となる同イベントは、11月20日(土)に日光川ウォーターパークにて開催する。ミニベロとは小径車のことで、タイヤサイズが小さい街乗りに適した自転車のことを指す。当日は、有名ミニベロの展示や試乗に加えて、輪行体験を行うこともできる。

輪行とは


輪行とは、自転車を電車やバスなどの公共交通機関に載せて移動すること。自転車を折りたたみ、専用の輪行袋に入れれば、船や飛行機にも持ち込むことができる。

輪行体験は10時半~と14時~の2回を予定しているが、10時半~の回は既に定員に達している。各回定員は5人で事前申込みが必要。参加費は無料(当日の電車代160円が必要)。

輪行体験希望の人は、蟹江町の体験サイト「蟹江体験」から申込みを。

有名ミニベロが登場予定


同イベントでは、展示ミニベロとして「BROMPTON」5台、「Tyrell」5台、「birdy」1台、「CARRYME」1台、

試乗(※)ミニベロとして「BROMPTON」5台、「Tyrell」5台、「birdy」3台、「CARRYME」3台、

輪行ミニベロとして「BROMPTON」5台が登場予定だ。

また、会場では蟹江町のレンタサイクル(ミニベロ)の貸出や、町内飲食店のテイクアウト販売、交通安全クイズラリーも併せて行う。会場ではサイクリングマップを配布するので、町内周遊も楽しめる。

普段あまり目にすることのない貴重な自転車に乗ることができるほか、マイ自転車で来場も可能だ。

当日はプロのカメラマンによる撮影会も開催する。また、自転車を使った様々なミニゲームにも参加できる。自転車好きな人はもちろん、初心者も大歓迎だ。

貴重な自転車に乗ることができる「第2回サイクルフェス-ミニベロ編-」に参加してみて。

■「第2回サイクルフェス-ミニベロ編-」
会場:日光川ウォーターパーク
住所:愛知県海部郡蟹江町大字蟹江新田字銭袋101番地
URL:https://www.town.kanie.aichi.jp/soshiki/3/cyclefes.html

蟹江町の体験サイト「蟹江体験」:https://www.kanie-taiken.jp

※会場内の外周を試乗できる
カテゴリ