チョコ好きマストなフルーティな味わい。Minimal の実験的な板チョコシリーズに最新作がお目見えです


日本発のチョコレート専門店「Minimal -Bean to Bar Chocolate - (ミニマル)」の数量限定の板チョコ『Experimental』シリーズに最新作が登場。



11月23日(火・祝)よりLINEにて先行販売がスタートし、11月25日(木)にはミニマル富ヶ谷本店にて発売されます。



実験的な板チョコの最新作が登場





2019年に登場したミニマルの『Experimental』シリーズは、カカオ豆の可能性を追求した実験的な板チョコレートです。



シリーズ第5弾となる『Experimental #05 -要素の提示と多元的な風味表現についての実験-』(税込2160円)では、カカオ豆のもつフレッシュフルーツのような爽やかな酸味が楽しめるそうですよ。



フルーティな味わいが楽しめる第5弾





カカオ豆は、柑橘のような爽やかな果実感をもつタイ産カカオ豆と、ベリー系の風味をもつマダガスカル産のものを使用。



2種のカカオ豆をブレンドするのではなく、別々のチョコレートを固めるタイミングで2層にレイヤードして成型するという、特殊な製法が採用されているのだとか。



2層仕立ての『Experimental #05』は各カカオ豆のキャラクターが際立つため、食べる部分によってブルーベリージャム、ミカン、パイナップルのようなフレーバーが感じられるといいます。





さらに、フレッシュフルーツと相性の良いスパイス“ジンジャーコンフィ”がトッピングされた部分もお楽しみのひとつです。



ジンジャーコンフィによる食感の変化や余韻の違いを堪能してくださいね。



『Experimental』シリーズの監修は、Minimal創業メンバーの1人、エンジニアリングディレクターの朝日さんが担当。



カカオ農家さんと共につくられるサステナブルな板チョコレートなのだとか。





『Experimental #05』は11月23日(火・祝)よりLINEの友だち限定で先行販売がスタート。ミニマル富ヶ谷本店では11月25日(木)から販売される予定ですよ。



チョコラバーにはたまらない『Experimental』シリーズは、数量限定なので味わってみたい人はお早めに。



Minimal ホームページ&オンラインストア

https://mini-mal.tokyo



カテゴリ