ひとりの女性に傘を差し出す、紳士的なお馬さん。ついつい友達に自慢したくなるこのブランド、知ってる?


飽きのこないベーシックな洋服も素敵だけど、たまにはちょっとした“遊び心”も欲しくなりませんか?



シンプルな中にユーモアが覗くアイテムを身につければ、その日の気分も少し上がるはず。



今回は、“ひとりの女性に傘を差し出す、紳士的なお馬さん”がアイコンの、ユニークなブランド「hish era vec(ヒッシュエラベック)」をご紹介します。



“やさしい馬”がアイコンの「hish era vec」って知ってる?





@satodes0912 / Instagram



「hish era vec(ヒッシュエラベック)」は、2020年にスタートしたファッションブランド。



ブランド名の「hish era vec」とは、英語の「his(彼の)」「her(彼女の)」、そしてフランス語の「avec(共に)」を組み合わせた造語で、その名の通り、ジェンダーレスなアイテムを展開しています。



アイコンとして描かれているのは、“馬に見立てた紳士が、ひとりの女性に傘を差し出す姿”。紳士を馬に見立てているところも、傘を差し出す親切さも、なんだかクスッと笑えて、心があたたまりますよね。



シンプルかつユニークな洋服やグッズは、使い勝手も抜群。ワードローブの中からついつい手に取ってしまいそうなアイテム揃いなんです。



シンプルだからこそ遊び心が引き立つんです





@sa5.cu2.1 / Instagram



展開中のユニセックスアイテムは、ペアで着ることも想定されているのだそう。ベースがシンプルなので、お揃いもさりげなく決まります。



こちらの半袖Tシャツは現在販売されていませんが、オンラインストアには長袖バージョンの「Embroidery Long sleeve T-shirt」(税込6930円)が登場中。



残念ながら、そちらも全サイズ完売してしまっているので、気になる方は「再入荷お知らせ」の設定をしてみてくださいね。





@loooo.oser / Instagram



穿いていて楽ちんで、おしゃれ見えもする「Light weight Logo print sweat Pants」(写真右、税込5940円)は、シンプルで合わせるアイテムを選ばない1着。左ポケット口に縫い付けられたブランドオリジナルのピスネームが、程よいアクセントになっていますよね。



程よい厚みの裏毛生地が採用されているため、今の季節にちょうど暖かく着られそうです。ゴム仕様のウエストは、内ひもでサイズ調整も可能ですよ。 



また、パンツと巾着の上に散りばめられた「Sticker set」(税込1480円)は、45mm〜80mmサイズのオリジナルステッカーを5枚詰め合わせたもので、スマホケースに挟んで使うのもおすすめなんだとか。





@ktmk___55 / Instagram



後ろ姿までしっかりかわいく仕上げたいなら、あえてバックサイドにロゴが配置された「LOGO Socks」(税込1925円)をチェックしてみてはいかがですか?



厚手でしっかりとしたコットン素材が使用されていて、履き心地もいいんだそう。 少しひねりの効いた定番アイテムは、ちょっとした贈り物にも喜ばれそうですね。



2周年にも期待大…!





@_00.7uca / Instagram



最後は、ブランド創立1周年を記念して販売されたセットアイテム、「1st Anniversary serial number sweat&Sticker」(税込9790円)をご紹介します。



左胸にはアイコンマークが、左袖には「hish era vec 1st Anniversary」というロゴが刺繍され、さらにシリアルナンバーがプリントされたクルーネックスウェットは、2021年9月に200枚限定でお目見えした特別なアイテム。



001から200まで、ランダムで決定されるシリアルナンバーに同じ番号は1つもなく、まさに世界に1つだけの1枚なんです。



こちらは発売されてすぐにファンからの注文が殺到し、すぐに完売してしまいました。限定商品のため再販は予定されていないというのがちょっぴり残念…。もしかしたら2周年のタイミングで、またスペシャルな何かが登場するかもしれないので、それを楽しみに待ちたいですね!



ストーリーのある遊び心にきゅんとする





@chanci.k / Instagram



“ストーリーのある遊び心”が、なんだかツボにハマる「hish era vec」。



新しいアイテムがお目見えするとすぐに売り切れてしまうことも多いので、気になる方はぜひチェックを欠かさずに!



重くなりがちな秋冬のファッションに、ひとクセ加えてみませんか?





カテゴリ