まるでヨーロッパにいるよう!日比谷公園で今年も「東京クリスマスマーケット」開催

まるでヨーロッパにいるよう!日比谷公園で今年も「東京クリスマスマーケット」開催


12月10日(金)~25日(土)の16日間、東京・日比谷公園で、クリスマスマーケット発祥の地であるドイツ・ドレスデンのクリスマスマーケットをモチーフにした「東京クリスマスマーケット2021 in日比谷公園」が開催される。

世界最大級のクリスマスピラミッドが登場



同イベントは、2015年に日比谷公園で初開催され、今年で7回目を迎える。会場の中心には本場ドイツの職人による高さ14mのクリスマスピラミッドが登場し、まさに最高の“映え”スポットに!

このピラミッドは6つの段それぞれに異なるモチーフの木工人形が配置されていて、回転しながらファンタジックなストーリーが展開される。

ドイツの定番料理や限定スイーツも続々登場



会場では、16の飲食店が出店予定。そのなかの1つ、プレミアムチョコレートブランド「Lindt(リンツ)」は、寒い冬にぴったりの「クリスマス メルティ ホットショコラドリンク」や、⼈気のショコラデザートメニューが⼀度に楽しめる「ご褒美リンツセット」など、クリスマスマーケットでしか味わえない限定メニューを販売する。


その他、ソーセージやアイスバインなどのドイツの定番料理はもちろん、豚肩ロースのデミグラス煮込み、クラムチャウダー、グラタンなど温まるメニューも登場する。


スイーツには、「サクサク!クロッフル」「秘密な焼き芋ラテ」など一風変わったスイーツや、Toshi Yoroizuka氏が監修したクリスマスマーケット限定のグリューワイン&ケーキも初登場!

見ているだけでも楽しめる魅力的なクリスマス雑貨



雑貨は11店舗が出店。様々なイルミネーション雑貨からプレゼントにも最適な紅茶セット、クリスマス限定のSTERMCREAM、クリスマスバージョンのスヌーピーなどが揃う。くるみ割り人形で有名なエルツ地方・ザイフェンの工房からは、木のぬくもりあふれる「くるみ割り人形」の他、「煙出し人形」、一点一点手作りの「木製オーナメント」などが登場。見ているだけでも楽しい魅力的なクリスマス雑貨に出会うことができる。

オリジナルマグカップのプレゼントも



アーティストによる音楽ライブもあり、まるでヨーロッパにいるようなクリスマススタイルが満喫できるこのイベント。


入場料は大人(中学生以上)1,000円で、オリジナルマグカップ付き。小人(小学生以上)は500円※入場料のみ。事前予約チケットは、11月25日(木)から順次販売中だ。

東京クリスマスマーケット2021 公式サイト:https://tokyochristmas.net/
カテゴリ