銭湯がテーマの織物ブランド「IIYU TEXTILE」オリジナルソングMVが公開

銭湯がテーマの織物ブランド「IIYU TEXTILE」オリジナルソングMVが公開


銭湯がテーマの織物ブランド「IIYU TEXTILE」は、Okada&Ryoによる「IIYU TEXTILE」オリジナルソング「be with 湯」のミュージックビデオを、11月26日(金)の“いい風呂の日”にあわせYoutubeで公開した。

「ハタオリマチ商店街」への掲載を目的にMVを制作


「IIYU TEXTILE」とは、山梨県富士吉田市の老舗織物メーカー・光織物と、富士吉田市地域おこし協力隊である片岡美央さんによるファクトリーブランド。“富士山の麓には銭湯がある”をテーマに織物グッズを展開している。


「be with 湯」のMVは、産地の織物工場が作るファクトリーブランドの魅力を知り、楽しみながらオンラインで買い物ができる産地初のポータルサイト「ハタオリマチ商店街(山梨県絹人繊織物工業組合)」に掲載することを目的に制作された。


同サイトは、郡内織物の魅力をリモートでも分かりやすく伝えるとともに、各ファクトリーブランドのECショップを網羅しているほか、ふるさと納税返礼品ページなども閲覧できる。

新進気鋭のクリエイターが届ける銭湯ものがたり


MVには、“1000年以上続く織物の魅力を『商品』だけでなく、楽曲や映像からも楽しんでほしい”という想いが込められている。テキスタイルデザイナーでありOkada&Ryoのボーカリストとして「be with 湯」を作詞した片岡美央さんは、織物ブランドから着想した楽曲とミュージックビデオ化について「ブランドとしてイメージにとらわれないアプローチをしてもいいんだなって、違う視点からブランドを見直すことが出来ました。銭湯の撮影はすごく楽しかったし、想像していた以上にクオリティの高い映像作品に仕上がったので、たくさんの人に見ていただきたいです。」とコメント。

映像は、「ハタオリマチのハタ印」を企画運営するトリッキーが制作。“日本の湯がある景色を残したい”という想いから、関東近辺のさまざまな銭湯で撮影を行った。

POP UP SHOPも開催


「IIYU TEXTILE」は、12月3日(金)まで東急ハンズ名古屋店にて、12月1日(水)〜25日(土)の期間に東急ハンズ新宿店にて「IIYU TEXTILE POP UP SHOP」も実施するので、こちらもチェックしてみて。

郡内織物産地について


山梨県郡内織物産地(富士吉田市・西桂町・都留市・大月市)は、1,000年以上の歴史を持つ織物産地。


絹織物「甲斐絹」をルーツとして、ネクタイ生地、インテリア生地、裏地、傘地、服地などのスペシャリストが生まれている。

近年は多数のファクトリーブランドが誕生。1,000年続く織物産地を次の世代に繋ぐべく、100年先を見据えたプロジェクト「ハタオリマチのハタ印」が2016年に始動し、工場から消費者へ直接つながるD2Cの動きが活発になっている。

IIYU TEXTILE MV: https://www.youtube.com/watch?v=yQhorLfSngk
ハタオリマチ商店街(IIYU TEXTILE): http://yamanashi-tex.jp/shop/hikari
カテゴリ