北海道名寄産の“玄米ほうじ茶”を使った「えっぐぷりん」が期間限定で新登場!

北海道名寄産の“玄米ほうじ茶”を使った「えっぐぷりん」が期間限定で新登場!


「えっぐぷりん」を作る北海道下川町と名寄市とのコラボが実現!「あべ養鶏場 えっぐぷりん」から、北海道名寄産の玄米ほうじ茶を使った「玄米ほうじ茶ぷりん」が、11月19日(金)~2022年1月13日(木)の期間限定で発売中だ。

北海道名寄産の玄米ほうじ茶を使用



卵・甜菜・生クリーム・塩全てを“北海道の素材だけでつくる”ことにこだわった「えっぐぷりん」。


今回発売の「玄米ほうじ茶ぷりん」は、北海道の魅力を多くの人に知ってもらいたいという想いが込められた商品で、北海道名寄産のもち米を使った玄米ほうじ茶が使用されている。

ほっと優しい気持ちになる香ばしい香り


名寄市はもち米日本一の生産地として名高く、同市にある水田の約9割でもち米が作られており、その面積は東京ドーム600個分。広大な土地で大切に育てられたもち米を使った玄米ほうじ茶は、香り高く香ばしい香りが、心をほっと優しい気持ちにさせてくれる。

中性脂肪が増えない働きにも期待


また、玄米の胚芽の中にはγ-オリザノールというポリフェノールが含まれており、中性脂肪が増えない働きも期待できるそう。スイーツを食べる時のどこかに潜む罪悪感も感じることなく安心して味わえるのが嬉しい。

商品の詳細



「玄米ほうじ茶ぷりん」は、「あべ養鶏場 えっぐぷりん」西武新宿ぺぺ店・Emio武蔵境店・グランデュオ立川店・札幌駅直売店および、あべ養鶏場オンラインショップにて販売中。店頭販売価格は480円(税込)で、オンラインでの販売価格は460円(税込・送料別)となっている。

寒さを感じるこの季節に、心がほっこりする香り芳しい「玄米ほうじ茶ぷりん」で癒しの時間を過ごしてみては。

あべ養鶏場オンラインショップ:https://abe-youkei.shop-pro.jp/
カテゴリ