『最愛』第7話が衝撃ラスト 新たな殺人事件?が発生… まさかの被害者に「なんで?」「驚きで声出た」

『最愛』第7話が衝撃ラスト 新たな殺人事件?が発生… まさかの被害者に「なんで?」「驚きで声出た」

 女優・吉高由里子が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『最愛』(毎週金曜 後10:00)の第7話が26日、放送された。



【写真31枚】意識混濁で性被害に…衝撃の過去が発覚したしおり(田中みな実)



 本作は、殺人事件の重要参考人となった実業家・梨央と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士の3人を中心に展開するサスペンスラブストーリー。2006年、梨央が青春時代を過ごしていたのどかな田舎町で失踪事件が起きた。15年後、時代を牽引する実業家となった梨央の前に事件の関係者が現れたことにより、当時の記憶とともに封印したはずの事件が再び動き出す。過去の失踪事件が現在の殺人事件へとつながっていく…。



 しおり(田中みな実)は、真田ウェルネスが経営する老人ホームに出入りし、真田グループの不正を執拗に追い、ついに寄付金詐欺まで疑惑の目が届く。そんな彼女に対し、後藤(及川光博)は再び取材をやめさせようと動く。



 その後、梨央(吉高由里子)と再会を果たしたしおりは、自分が15年前の事件の被害者であることを明かし、さらに康介(朝井大智)の父・昭(酒向芳)殺害に関与しているような発言も口にする。



 ついに事件の真相が判明するのか…。期待感が高まるなか、次のシーンで映ったのは、頭から血を流し、落下死のような形で変わり果てた姿となったしおりが…。ファンからは「なんで?頭がぐちゃぐちゃ」「驚きで声出た」「また殺人事件? ただの事故じゃないよね」「黒幕は後藤専務かな?怪しすぎる」などの声が寄せられている。
カテゴリ