ドキュメンタリー映画『私は白鳥』ナレーション・天海祐希の起用理由

ドキュメンタリー映画『私は白鳥』ナレーション・天海祐希の起用理由

 2019年5月に富山のチューリップテレビで放送され「アメリカ国際フィルム・ビデオ祭」ゴールドカメラ、「ニューヨークフェスティバル」ファイナリスト等を受賞したテレビ版に、2年以上の追加取材の映像を加えて映画化したドキュメンタリー『私は白鳥』のトークショーが27日、東京・渋谷のユーロスペースで行われ、富山チューリップテレビの槇谷茂博監督、TBSテレビプロデューサーの刀根鉄太氏が登壇した。



【動画】ドキュメンタリー映画『私は白鳥』予告編



 2020年に公開され、ともに傑作ドキュメンタリーと話題になったTBS『三島由紀夫VS東大全共闘』チームと、『はりぼて』のチューリップテレビがタッグを組んで製作した本作。



 傷つきながら過酷な自然界で命を燃やし続ける白鳥と、それに自らを投影し見守りつつ、地方都市で懸命に暮らす1人のおじさん(澤江弘一さん)の生き様を通して、現代に生きるすべての人の心に生命の在り方を問いかける。ナレーションを天海祐希、主題歌は石崎ひゅーいが担当した。



 天海の起用理由について刀根氏は、「どなたかに語りをお願いしたいなと思ったときに、白鳥の佇まいとか、凛とした美しさというところで、天海祐希さんの姿が思い浮かんだ」という直感が願ってもない縁を引き寄せた。実は、天海の祖父母の家が富山県にあり、「毎年、夏休みに1ヶ月くらい宿題を持って富山に行って過ごしていたというお話もあり、(映画の)中身にも共感してくださって引き受けてくださいました」と明かした。さらに、「ナレーション録りのときに、(天海は)お忙しいのですぐに録らないといけなかったんですけど、富山やこの映画のことを40分くらいお話になられてビックリしました」と、エピソードを紹介した。



 主題歌については、「繊細な日常だったり気持ちだったりを表現してくれるのが石崎ひゅーいさんなんじゃないかなと思いましてお願いしたところ、『スワンソング』という楽曲を提供していただいて、初号試写のときに澤江さんと対面して、石崎さんも『感動した』とおっしゃっていて、澤江さんからも『主題歌の部分が泣ける』と言っていただいたのがうれしかった」と声を弾ませた。



 本作は今月20日から富山で先行上映され、この日は東京での初日。槇谷監督は「富山はすでに白鳥が2〜300羽きているんですけど、白鳥の飛来とともに富山で上映が始まって、今日も東京のみなさまに多く集まっていただきまして本当にうれしく思っています」と笑顔を見せ、刀根氏は「東京での上映が目標の1つでもあったので、これをスタートにどんどん広げていきたいなと思いますし、まずはスタートに立てたことにうれしく思っております」と感慨深げに話した。



 2017年冬から18年にかけて富山に白鳥の飛来が少ないことをニュースで取り上げるために取材を始めたことから始まり、映画化されたことについて、槇谷監督は「信じられないというのが率直な感想です。まず、おじさんと白鳥の日常を描いただけの作品を、TBSの報道特集で採用させていただけたということにビックリしたんですけど、日常の何気ないことから始まったので、まさかそれが映画になるとは思っていなかったですね」と目を丸くした。



 さらに、澤江さんについて槇谷監督は「優しさと温かみのある人で、命を大切にする優しい方です」といい、「曲がったことが嫌いなので、白鳥の生態を少しでも侵すことがあると、撮影中でも怒られることが度々ありました」と打ち明けた。刀根氏は「最初にドキュメンタリーを見たときは、なかなか周りにいない人だなと思ったんですけど、どんどん引き込まれていって、すごくチャーミングだし、言っていることが的を射ているのもあるんですけど、時に詩的といいますか、『私は白鳥』というのも澤江さんから出たフレーズですし、『心の隙間が白鳥の形をしていて』というフレーズだったり、澤江さんという人柄がすごいなと思いましたし、実際にお会いしてお話をしたら、より好きになりました」と語った。



 最後に、澤江さんからメッセージを預かってきたという槇谷監督は、携帯電話を取り出し、「私が飛べない白鳥からもらったたくさんの勇気、生きる喜びが少しでも伝わればいいなと思います。そして悲しいことやつらいことがあっても、今ある命を楽しみたいと思っていただければ幸いです。見終わったときに、少しだけでも温かく、優しい気持ちになっていてくださればいいなと思います」と、澤江さんの言葉を読み上げてトークショーを締めくくった。



 同映画は、ユーロスペース、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開中。

カテゴリ