乃木坂46・山下美月、休養中に引退よぎる「自分自身で許せなくて…」 メンバーの言葉に感謝

乃木坂46・山下美月、休養中に引退よぎる「自分自身で許せなくて…」 メンバーの言葉に感謝

 アイドルグループ・乃木坂46の山下美月が、28日放送の日本テレビ系『おしゃれクリップ』(毎週日曜 後10:00)に出演。休養期間中に芸能界引退を考えていたことを打ち明けた。



【写真】「可愛さが突き抜けてる!」萌え袖であざとかわいい“猫耳”山下美月



 同番組は「おしゃれ」を通して、ゲストの知られざる個性や人生観に迫る、トークバラエティー。ゲスト自身が「おしゃれ」をセルフプロデュースし、普段のイメージとは違う「おしゃれ」に身を包むところからスタート。ゲストの「おしゃれ」から、個性・スタイル・過去のターニングポイント・こだわりなどにフォーカスし、「私の中の、もうひとりのワタシ」を、MCの山崎育三郎と井桁弘恵が最大限に引き出していく。



 番組の終盤では、山下をずっと近くで見てきた、乃木坂46のキャプテン、秋元真夏が登場。ストイックに仕事に打ち込む山下を心配する一幕も。「一緒にいる時間が長いので、メンバー同士甘えることも多いんですけど、山下は孤高の人という印象。時々心配になって声をかけると、大丈夫です、と答えるのですが、明らかに大丈夫じゃない顔をしていることがある(笑)」と語る。さらに「一回、仕事のことを忘れた方がいいのでは、と思うんですよ(笑)。全部を忘れて、休みをとって森とかに行ってほしいですね」と気遣う。



 プロ意識が高く、仕事にストイックに打ち込む山下は一時、グループの活動を休止したことに「お仕事とかいろんなことを詰め込みすぎて、身体を壊してしまった時期がありまして。少し活動を休もうという話になったのですが、皆が頑張っているのに、1人だけお休みするという選択が、自分自身で許せなくて…」と赤裸々に振り返る。「グループを休むくらいなら引退します」と、一時、芸能界引退まで考えていたというが、結果的に踏みとどまり、2019年4月から約2ヶ月間にわたって休養した。



 山下は当時を振り返り「先輩や同期のメンバーから『まだやめないよね』って、深刻な感じではなくて、笑いながら明るく言ってくれて、助けられましたね。私だけがくじけてどうするんだと。メンバーの活躍を見て、私も早く戻れるように頑張ろうと。乃木坂のメンバーの言葉はすごく支えになりましたね」と感謝。「プラスになった期間だったなと。その時のくやしさとかいろんな考えがあったから、ひとつ成長だな」と前向きに語っていた。
カテゴリ