“スパイスを使ったスイーツ”って案外イケるかも。「粉と砂糖と香辛料」からスパイスの世界へ、年内最後の小冒険


スパイスを使用したフードといえば、パッと浮かぶのはカレーやチャイティーなど。



「そもそもスパイスなんて身近にないし、食べる機会もあんまりなくて、香りや味が全く想像できない...」と思われがちな深~い世界。



そんなハードルの高いスパイスを「日常に少しでも足したい」という思いのもと、スイーツやドリンクを提供するお店「粉と砂糖と香辛料」が、2020年12月、東京・大泉学園にオープンしたのをご存知ですか?



一体どんなお店なのか、さっそくご紹介していきたいと思います。



大泉学園「粉と砂糖と香辛料」





@3rurun3/Instagram



大泉学園駅より徒歩約12分の場所にある「粉と砂糖と香辛料」は、スパイスを使用したフードをオンライン販売していたブランド「soreto_spice(ソレトスパイス)」が展開する、焼き菓子やドリンクのお店です。



soreto_spiceでは、「色々な『モノ』・『コト』それと『スパイス』の組み合わせを提案。スパイスの使い方が普段より少し広がり、スパイスが日常に少しでも足されるようになれば」というコンセプトのもと、商品を展開しています。



スパイスをふんだんに使用した焼き菓子をはじめ、クラフトコーラやチャイ、コーヒーまで販売している、まさにスパイス尽くしのお店なんです。



ショーケースには焼き菓子と香りのサンプルがずらり





@m.m.tabelog/Instagram



店内のショーケースには、丁寧にパッケージされたフードがずらり。



スイーツのラインナップは日によって変わり、インスタグラムには毎日、その日のメニューがちょっとした説明とともに投稿されています。ショーケース上にはスパイスの香りサンプルも用意されていて、その香り高い風味に、驚きつつも思わずわくわくしてしまうと評判なんです。



商品に使用されているスパイスの香りを実際に嗅ぐことができるので、スパイス初心者さんでも安心して注文することができますね。



スパイス尽くしの焼き菓子をちょこっとご紹介





@m.m.tabelog/Instagram



手前の「カルダモンといちご・ホワイトチョコのマフィン(380円)」は、いちごの甘酸っぱさとホワイトチョコの甘い香り、カルダモンのエキゾチックな爽やかさが美味しいマフィン。



奥の「シナモン・メースとバナナ・アーモンドのココアマフィン(380円)」では、馴染み深い香りのシナモンと、ナツメグと同じ果実から採取される“メース”という柔らかい甘みのある香りのスパイスが、バナナやココアの甘い香りを引き立てます。



他にも甘く芳醇な香りのクローブや、カレーなどによく使用されるクミンなど、初めて出合うスパイスに驚きと発見が盛りだくさんなんです。



スパイスを使ったドリンクは思わず癖になってしまう味





@3rurun3/Instagram



ドリンクメニューには、スパイスを使用したクラフトコーラやチャイ、コーヒーがラインナップ。



写真の「クラフトコーラのミルク割り」は、1口目はカラメルチャイのような風味の甘みを感じることができ、後からスパイスのもつスパイシーさが鼻に抜け、その独特な風味が癖になってしまうんだそう。



また冒頭にも記載した通り、全ての商品が「日常に少しでもスパイスを」をコンセプトに展開されているので、スパイスの香りに最初は驚きを感じるかもしれません。しかし、慣れ親しんだ素材と合わさったスイーツやドリンクは、やみつき感や満足感を味わえること間違いなしなんです。



スパイスの世界はどう?





@okomesuki.jp/Instagram



「スパイスってなんだか難しそう...」という方にも、おすすめを一緒になって考えてくれる「粉と砂糖と香辛料」は、まさにスパイス初心者さんに1番おすすめしたいお店。 



実際に香りのサンプルを嗅いでみることで「このスパイス好きかも​​​​​」といったようにお気に入りを見つけることができるから、「粉と砂糖と香辛料」での出合いから、楽しく奥深いスパイスの世界に、ぜひ足を踏み入れてみてくださいね〇



粉と砂糖と香辛料

住所:東京都練馬区東大泉3-66-16総建大泉ガーデン1F

営業時間:11:00〜18:00

定休日:木曜日

公式IG:​​​​@flour_sugar_spice

オンラインストア

https://soretospice.base.shop/





カテゴリ